スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム感想「Bloodborne」



フロムソフトウェア作、ソウルシリーズの流れを汲む作品で
直接の繋がりはありませんがシステムや雰囲気、全体的に高難易度など共通点が多くあります。
ストーリーや世界観などは完全に別物なのでソウルシリーズ未経験でも大丈夫です。
なお、自分はオンラインでの対人戦、共闘はしない派なので以下の文章も対人共闘については含まれていません。

まずソウルシリーズと違う点として盾がない(正確には存在するが実用的ではない)代わりに、
サブ武器として銃を持っており、これで敵を怯ませて致命の一撃を当てることができることでしょうか。
盾を構えながらじっくりと隙を伺うようなことができなくなった代わりに、
今までではできなかったような敵からの攻撃も銃パリィを取ることができるようになりました。
また、使用するのが銃ということで距離を厳密に測る必要もなくなり、タイミングさえ合っていれば良く、
全体的にパリィを取りやすくなりました。

その他に敵をロックオンするとできるようになるステップが高性能で、割と適当にピョンピョンしてるだけでも
敵の攻撃を避けられることが多いです。

上記の点が合わさり、ボスや強敵との戦いでは戦闘スピードがややソウルシリーズよりも速くなっています。
被弾の危険性は上がっているものの、ステップで華麗に攻撃を避け攻撃、
明らかな隙があれば銃パリィからの致命の一撃、攻撃を喰らっても冷静に反撃してリゲインで体力回復という
緊張感と爽快感を両立したいいバランスになっていると思います。

ストーリーはいつもの如く何か意味深なことは聞けるけど、肝心な事は何もわからないフロムストーリー。
自分で各地のメッセージを見つけつつ想像したり、ネットで考察を読んだりして補完して楽しむタイプです。
その点ではストーリー重視のゲームが好きな人には全くオススメできませんが、
語られないだけで裏に色々設定が見えるので投げっぱなしというわけでもありません。

また、ゲーム全体に漂う雰囲気がソウルシリーズよりも暗くて陰鬱な雰囲気になっています。
PS4の性能を存分に生かしたグラフィックもグロ方面に飛びぬけており、
生理的嫌悪感を催すようなステージと敵のデザインがいい感じ。
特に中盤から後半に出てくる敵「ほおずき」や、DLCエリアの「醜い獣」などは
色々な意味でうへぇ……となること間違いなしです。

ゲーム全体に漂う雰囲気、グロ描写、高難易度な戦闘など人を選ぶ要素満載ではありますが、
それに慣れて啓蒙が高まってくると、このやるかやられるかの緊張感と
難所を越えた時の爽快感や病み付きになってくる作品です。
現在ではDLC込みの完全版が発売されており、時々PSストアのセールでかなり安くなっていたりしますので、
グロ描写とか余裕、高難易度とかどんとこい、というコアゲーマーな人にはぜひともプレイしていただきたい作品です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (5)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。