スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説感想「魔物がうろつく町内にアラフォーおっさんただ独り」

魔物がうろつく町内にアラフォーおっさんただ独り

<あらすじ>(目次ページより引用)
在宅業務で細々と暮らすごく普通のアラフォー男『大下敏樹』は、ある朝目覚めると周りにだれもいないことに気づく。
誰かいないかと車を出したが、いつもは通勤ラッシュでごった返している国道に一台の車も走っていないことを知り、
さらに人を求めて国道を進んだが、町境の先へはどうあっても進めないことが判明。
車を降りて呆然とする敏樹の耳に届く、聞いたことのない喚き声。声の主を見ると、そこにはゴブリンがいた……。

ステータスなし、レベルなし、スキルなし、チートなし。ごく普通のアラフォー男が
自前の身体能力と知恵と勇気と生まれ育った町内という地の利を武器に、
たった独りで異形の魔物と戦うローファンタジー、ここに開幕!!


評価:☆☆☆(中盤あたりまで)~☆☆(終盤)

自分以外は誰もいない現代日本で、なぜか出現するモンスター達と戦いながら、
不思議な世界で生き残り、脱出するために頑張るというお話。
チートなしとあらすじにはありますが、所持金(に値する物)が半分になって生き返る、
無人だけども不思議な力で利用できる各種店舗とネット通販など、充分チート有りだと思います。

自分以外がいなくなってしまった世界とシステムを手探りで少しづつ探索し、
現代日本で手に入る物をDIYで組み合わせてモンスターに対抗するという流れがなかなか面白かったんですが、
中盤以降になると安全地帯からのヒットアンドアウェイという身も蓋もない戦法で大体の戦闘が終わってしまい、
それが通用しない敵についても、他の方法で非常にあっさりと解決しておしまい、という尻すぼみ感がありました。
いやまあ、リアルに考えれば安全な所から一方的に攻撃できるんなら誰でもそうすると思いますが、
それをお話でやられてもあんまり面白くないよね、という例になってしまっています。
終盤になって出てきた残機制を最初から導入しておくなど、もう少しハラハラする展開があっても良かったと思います。

続編というかif編で正真正銘の異世界に同じ主人公がチート有りで転移するお話もありますが、
そちらは典型的なろう小説なので見所はあまり無し。

tag : チート 現代ファンタジー ☆3 ☆2

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。