スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説感想「人類を救うのは俺ではない気がする」

人類を救うのは俺ではない気がする

<あらすじ>(目次ページより引用)
FGOの世界に産まれた転生者くん。
原作知識が絶対に役に立たないであろう人理修復に参加することになったのだが、
やっぱり型月の世界の人物達は全員個性的過ぎて?


評価:☆☆☆

FGO二次では珍しいタイプのマスター複数制、ちょっとだけオリジナルサーヴァントも有り。
主人公が原作知識持ちでありながら、最初に召喚するのがジャンヌ・オルタだったりで規格外なため原作とは少し違った展開に。
マスターが複数いながらもそれぞれに個性というか、担当するサーヴァントが特徴的なので
どんなキャラなのかもイメージしやすく、サーヴァント同士の掛け合いも自然で読みやすかったです。
主人公の原作知識も嫌味にならない程度の優位と、それによるデメリットなども描写されているため
単なる原作転生俺TUEEEになっていないのも良かったです。
しかし序盤は作風が固まっていないせいか、割とありがちな俺TUEEE物のような出だしになっているのと、
あまり考えず軽いノリで決めたんじゃなかろうかという主人公以外のマスター勢の名前など、
勿体無い点がいくつかありました。とりあえず序盤(冬木終了あたりまで)は深く考えずさっと流してしまうことをオススメします。
そのため、原作設定を大事にする人だとちょっと受け付けないことがあるかも。

tag : 原作転生 オリジナル要素 ☆3

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (5)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。