スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本感想「ゴブリンスレイヤー」



待ちに待ったゴブリンスレイヤーの書籍版が発売!とらのあなで限定版買って来ました。

今更ながらにあらすじを説明すると、RPGでは序盤の雑魚として定番のゴブリン。
子供程度の知能を持ち、残虐で容赦がなく、すぐに増殖してどこにでも出現する。
だけど魔神や悪魔に比べて差し迫っての脅威にならないため放置されがちで、駆け出しの冒険者くらいしか対処しない。
それってよく考えるととても厄介。そして、それの駆除を専門にする冒険者がいたら……?というお話。
webで圧倒的人気……と宣伝文句にはありますが、なろう小説などではなく元はやる夫系の
AAを使って表現された作品です。web版はこちらのサイトでまとめられています。
(当ブログでも紹介済みです)

ほぼナレーションながらもPVもあります。



本編は結構残虐描写多め。ゴブリンを情け無用でスレイしていくお話だからしょうがないね!
冒険者側でも残虐描写があったりしますがサイコロの出目が悪かったんだからしょうがないね!
と、グロい描写が目立つ作品ではありますが、ゴブリンを専門で相手にするにはどうするのが最適解なのか……という
ユニークな点でもきちんと考察されています。
また、主人公が徹底してゴブリン絶対殺すマンになっているのに対し、
それに振り回される女神官や妖精弓手とのギャップが癒しポイント。

web版を読んでいる人でも特に違和感を感じることなく、場面を想像できると思います。
むしろ文章での表現になっている分、描写が濃くなっている感じも。
イラストもついて雰囲気バッチリ。
女神官さんカワイイ!カラー挿絵をよく見ると……。
牛飼娘さんカワイイ!豊満!挿絵もついて豊満倍点!
受付嬢さんカワイイ!ガチャまわさなきゃ(違う
妖精弓手さんカワイイ!最後のデレ!平坦!金床!フィーヒヒヒ!

また、TRPGを意識している作風で、所々でどこかで聞いたようなメタい発言があったりします。
「ゴブリン相手に魔剣を振り回す奴は大間抜け<マンチキン>だ」という発言には吹きました。

とらのあな限定の小冊子ではキャラの設定画と女キャラ4人の女子会小話。
受付嬢さんの黒下着に青少年のナニカが危なくなりつつ、女子会でのソーセージ作成話に笑いました。
家で鎧外さないの……?(困惑

今、流行のチートで無双という作品には全力でアンタイセイしつつ、ゴブリン専門の冒険者という
ありそうでなかったニッチな点をついている作品ですが、古き良き時代のファンタジーにハマったことがある人、
TRPGを齧ったことがある人には文句なしにオススメの作品です。
ぜひとも購入して続刊&アニメ化という希望の未来に皆でレッツゴー!
あとコミカライズもすでに決まっており、そちらも楽しみに待ってます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (5)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。