スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本感想「その無限の先へ 1巻」



個人的に今なろうで一番楽しみにしている作品、その無限の先へが書籍化ということで早速購入。
1巻ではトライアルダンジョンのリザードマン戦までが収録、書き下ろしでリリカが迷宮都市に来るまでのお話。
地味にオカマの刑にあっているであろうツナの兄貴の名前が判明していたり。
このまま毎回のオマケがリリカさんになって、パンダパーティとの共闘が見れたりしないかと期待。
本文にweb版からはあまり目立った追加はなし。

イラストも何枚か追加されていますが、やっぱりツナに原始人感が足りないなあ。
顔はBL顔だという描写があったのでまあいいとして、服装にもう少しぞうきん感が欲しかったかも。
あとネコミミさんが意外と巨乳でした。
そしてユキト、いやユキさん。その格好は不味いですよ色々と!
明らかに横から下からポロリしそうじゃないですか色々と!
こんなんで20%やら40%になったら、そらYMKも大増員しますわ。

2ヶ月連続刊行ということで、来月にも2巻が出るようで。
次の巻では最初の山場が収録されるでしょうし、あのシーンに挿絵が入るのか楽しみです。

tag : なろう書籍化

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。