本感想「ゴブリンスレイヤー 2」



ゴブリン絶対殺すマンことゴブリンスレイヤー、まさかの書籍化からの続刊。
web版でのストーリーは1巻で大体終わっており、完全新規エピソードということで非常に楽しみにしておりました。

今回はTRPGでいう連続キャンペーンシナリオという感じ。
町の地下から秘密の遺跡へ繋がる謎の洞窟、そこに出現するゴブリン達、見え隠れする陰謀とは……という
まさにレベルが上がった中級者プレイヤーキャラ向けのようなお話でした。
ストーリー展開もまさに王道であまり捻りはないものの、
すでに主人公が捻りを加えるというレベルじゃないのでバランスが取れてるという不思議。
今回は妖精弓手さんの要望により、神様にダイスを振らせないスタイルは控えめ(全くないとは言っていない
どんな事が起ころうともぶれない主人公の格好よさは健在です。

一緒に冒険する仲間である弓手さんと女僧侶さんにばかりスポットが当たるかと思いきや、
他のヒロインもちゃんとヒロインしてますよ!受付嬢さんカワイイ!これはポーション爆買い待ったなしですわ……。
また、今作から登場となった剣の乙女さん。豊満っぷりをカラーで見せ付けつつ驚きのヒロインムーブ。
これはヒロインレースに参戦なのか、スポット参戦なのか。
後書きによると続刊もありそうですし、この後のお話も非常に楽しみです。
コミカライズも近々掲載されるようで、アニメ化にワンチャンないかなぁ……。


本感想「ゴブリンスレイヤー」



待ちに待ったゴブリンスレイヤーの書籍版が発売!とらのあなで限定版買って来ました。

今更ながらにあらすじを説明すると、RPGでは序盤の雑魚として定番のゴブリン。
子供程度の知能を持ち、残虐で容赦がなく、すぐに増殖してどこにでも出現する。
だけど魔神や悪魔に比べて差し迫っての脅威にならないため放置されがちで、駆け出しの冒険者くらいしか対処しない。
それってよく考えるととても厄介。そして、それの駆除を専門にする冒険者がいたら……?というお話。
webで圧倒的人気……と宣伝文句にはありますが、なろう小説などではなく元はやる夫系の
AAを使って表現された作品です。web版はこちらのサイトでまとめられています。
(当ブログでも紹介済みです)

ほぼナレーションながらもPVもあります。



本編は結構残虐描写多め。ゴブリンを情け無用でスレイしていくお話だからしょうがないね!
冒険者側でも残虐描写があったりしますがサイコロの出目が悪かったんだからしょうがないね!
と、グロい描写が目立つ作品ではありますが、ゴブリンを専門で相手にするにはどうするのが最適解なのか……という
ユニークな点でもきちんと考察されています。
また、主人公が徹底してゴブリン絶対殺すマンになっているのに対し、
それに振り回される女神官や妖精弓手とのギャップが癒しポイント。

web版を読んでいる人でも特に違和感を感じることなく、場面を想像できると思います。
むしろ文章での表現になっている分、描写が濃くなっている感じも。
イラストもついて雰囲気バッチリ。
女神官さんカワイイ!カラー挿絵をよく見ると……。
牛飼娘さんカワイイ!豊満!挿絵もついて豊満倍点!
受付嬢さんカワイイ!ガチャまわさなきゃ(違う
妖精弓手さんカワイイ!最後のデレ!平坦!金床!フィーヒヒヒ!

また、TRPGを意識している作風で、所々でどこかで聞いたようなメタい発言があったりします。
「ゴブリン相手に魔剣を振り回す奴は大間抜け<マンチキン>だ」という発言には吹きました。

とらのあな限定の小冊子ではキャラの設定画と女キャラ4人の女子会小話。
受付嬢さんの黒下着に青少年のナニカが危なくなりつつ、女子会でのソーセージ作成話に笑いました。
家で鎧外さないの……?(困惑

今、流行のチートで無双という作品には全力でアンタイセイしつつ、ゴブリン専門の冒険者という
ありそうでなかったニッチな点をついている作品ですが、古き良き時代のファンタジーにハマったことがある人、
TRPGを齧ったことがある人には文句なしにオススメの作品です。
ぜひとも購入して続刊&アニメ化という希望の未来に皆でレッツゴー!
あとコミカライズもすでに決まっており、そちらも楽しみに待ってます。

本感想「その無限の先へ 2巻」



2巻では1章の山場であるボス戦からダンジョンマスターとの謁見まで。
書き下ろしでスキルについての補足、ユキさんの王都時代の婚約者のお話が追加されていました。
web版にもこの婚約者は登場するのかなぁ。割といいキャラしているのでぜひとも登場してもらいたい所です。
あと所々にこっそりネタが仕込まれていたり。Lv100越えの玉座に座った骸骨なんていったい何ンガさんなんだ……。
本編は初のボス戦なだけあってかなり盛り上がった感じです。
ツナの覚醒シーンも挿絵になってはいましたが、割とイメージ通り。
欲を言えば覚醒後の止めのシーン辺りを挿絵にして欲しかったのですが、さすがにそれはグロいか。
とりあえずこれで1章終了で一段落、次はあの変態紳士の登場が楽しみです。
書き下ろしも地味に世界観の補足ということで面白いので、次もあることを期待しています。

tag : なろう書籍化


本感想「その無限の先へ 1巻」



個人的に今なろうで一番楽しみにしている作品、その無限の先へが書籍化ということで早速購入。
1巻ではトライアルダンジョンのリザードマン戦までが収録、書き下ろしでリリカが迷宮都市に来るまでのお話。
地味にオカマの刑にあっているであろうツナの兄貴の名前が判明していたり。
このまま毎回のオマケがリリカさんになって、パンダパーティとの共闘が見れたりしないかと期待。
本文にweb版からはあまり目立った追加はなし。

イラストも何枚か追加されていますが、やっぱりツナに原始人感が足りないなあ。
顔はBL顔だという描写があったのでまあいいとして、服装にもう少しぞうきん感が欲しかったかも。
あとネコミミさんが意外と巨乳でした。
そしてユキト、いやユキさん。その格好は不味いですよ色々と!
明らかに横から下からポロリしそうじゃないですか色々と!
こんなんで20%やら40%になったら、そらYMKも大増員しますわ。

2ヶ月連続刊行ということで、来月にも2巻が出るようで。
次の巻では最初の山場が収録されるでしょうし、あのシーンに挿絵が入るのか楽しみです。

tag : なろう書籍化


本 感想「ティタン アッズワースの戦士隊」



なろうで連載中の書籍化作品、「ティタン アッズワースの戦士隊」を読みました。
いやー、やっぱりこの作品は熱くて面白い!
1巻ではweb版の黒いワーウルフ戦までが収録。所々に文章が追加されており、
不憫巫女筆頭のアメデューさんにフォローが入っていたり、
書き下ろしでティタンとアメデュー(本物)の出会いも収録されています。
web版からの熱さは変わらず、鍛え上げた自分の力だけで敵と戦う泥臭くもカッコイイ戦士であるティタンが素敵すぎます。
イラストも重厚な感じでイメージにピッタリでした。
以降の続刊が非常に楽しみなのですが、正直、まだweb版でもそれほど話数がなく
青田買いにもほどがあるだろうと不安ではあるので、このまま無事刊行されることを祈っておりますマジで。

tag : なろう書籍化

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア