ネット小説感想「Vengeance For Pain」

Vengeance For Pain

<あらすじ>(目次ページより引用)
無駄な事なんてない―――無駄な事なんて、何一つとしてなかった。


評価:☆☆☆

FGO二次創作、オリキャラで肉体改造により自ら戦闘に参加するスタイル。
割と戦闘関連の描写がハードなことに定評のある作者さんで、
他の作品を読んだ事があればノリが理解できると思いますが、基本的に容赦という言葉は存在せず
できるだけ確殺を取っていくタイプ。ぐだおもそれに影響されていくのが面白いですが、
やっぱり特異点もそれに合わせて難易度が上がっていくのでした。
その他にもFGO以外の型月関連の登場キャラがちらりと見えたり、
謎の多い主人公の設定が徐々に明らかになっていくのが面白かったです。
独自設定盛り盛りのオリキャラに抵抗がなければオススメ。


tag : オリジナル主人公 ☆3


ネット小説感想「人類を救うのは俺ではない気がする」

人類を救うのは俺ではない気がする

<あらすじ>(目次ページより引用)
FGOの世界に産まれた転生者くん。
原作知識が絶対に役に立たないであろう人理修復に参加することになったのだが、
やっぱり型月の世界の人物達は全員個性的過ぎて?


評価:☆☆☆

FGO二次では珍しいタイプのマスター複数制、ちょっとだけオリジナルサーヴァントも有り。
主人公が原作知識持ちでありながら、最初に召喚するのがジャンヌ・オルタだったりで規格外なため原作とは少し違った展開に。
マスターが複数いながらもそれぞれに個性というか、担当するサーヴァントが特徴的なので
どんなキャラなのかもイメージしやすく、サーヴァント同士の掛け合いも自然で読みやすかったです。
主人公の原作知識も嫌味にならない程度の優位と、それによるデメリットなども描写されているため
単なる原作転生俺TUEEEになっていないのも良かったです。
しかし序盤は作風が固まっていないせいか、割とありがちな俺TUEEE物のような出だしになっているのと、
あまり考えず軽いノリで決めたんじゃなかろうかという主人公以外のマスター勢の名前など、
勿体無い点がいくつかありました。とりあえず序盤(冬木終了あたりまで)は深く考えずさっと流してしまうことをオススメします。
そのため、原作設定を大事にする人だとちょっと受け付けないことがあるかも。

tag : 原作転生 オリジナル要素 ☆3


ネット小説感想「人理を守れ、エミヤさん!」

人理を守れ、エミヤさん!

<あらすじ>(目次ページより引用)
士郎に憑依した男がセイバールートを駆け抜け、十年後にカルデアにスカウトされちゃったお話だよ!



評価:☆☆☆

あらすじ通り、アーチャーエミヤ風味のオリ主がカルデアに参加するお話。独自設定や半オリジナルサーヴァントも有り。
指示出しだけではなく自らも戦えるマスター&手段をあまり選ばない守護者っぷりで
原作とは全く違ったルートで特異点を修正していくのが見所か。
難点としてはあくまでアーチャーエミヤそのものではなく、原作知識有りで憑依したオリ主ということなので
そういった要素が嫌いな人には向かないことと、いくら鍛えていたとはいえ、
人間がサーヴァントと互角に渡り合っててもいいのかという突っ込み所があることでしょう。
それらの要素を気にしないで流せるなら、真っ当なマスターとはちょっと違ったお話の流れが楽しめると思います。


tag : 原作憑依 オリジナル主人公 独自設定 ☆3


ネット小説感想「カルデア大騒動」

カルデア大騒動

<あらすじ>(目次ページより引用)
この物語は……聖杯をもってしなくても起きてしまうかもしれない、ちょっとした奇跡を描いた物語。
笑い話かもしれないけど、ギャグですませてもいけない物語。


評価:☆☆☆

カルデアで起きた前代未聞の騒動、とある事件とそれに対する周りのサーヴァント達のお話。
詳しく書くとネタバレになるので書けませんが、どうしてそうなったのか、という理由や着眼点が面白い。
基本はギャグながらもテーマがテーマなので根元はだいぶシリアスだったりします。
この問題が直撃するサーヴァントが結構多いから仕方ないのか?
一発ネタの出オチで終わってしまうのか、ちゃんと風呂敷を畳んで終われるのか、更新をチェックしていこうと思います。
あと、FGO本編のネタバレなどもサラッと入ってくるので最低でもキャメロットまでは終わらせてから読むことを推奨。

tag : ☆3


ネット小説感想「ふと思いついたFate/zeroのネタ作品」

ふと思いついたFate/zeroのネタ作品

<あらすじ>(目次ページより引用)
オリ主が金ぴかことギルガメッシュに憑依した
そこから変化する物語です

思いついた事を勢いだけで書いてます


評価:☆☆☆

原作知識持ちの人間がギル召喚時に合わせて憑依。
状況が把握できず咄嗟に逃げ出してしまったため、急遽マスターとして桜を間桐から奪取。
何とか聖杯戦争を生き残るために動き出す……というお話。
思いついたことを勢いだけで書いているという注意書きの割にはストーリーがしっかりしていると思います。
原作知識&慢心なしギルで一方的に無双という場面は少なく、
他の陣営もオリ主が入ってどう変化したのか色々と描写されているので
タイトルから想像するようなオリ主TUEEEは少なめでした。
ただし一部のキャラというか、トッキーがとにかく不憫なことになっています。
また憑依物であり、ギルガメッシュの人格が欠片もなくなって完全にオリ主と化しているので
せっかくの人気キャラであるギルガメッシュが出てこないのは嫌、憑依オリ主に抵抗があるという人には向いていません。

tag : 原作憑依 オリジナル主人公 ☆3


Fate二次創作小ネタ・エター済いくつか

やっぱり呼符じゃイスカンダルは来てくれなかったよ……。

Fateの二次創作を読み漁った中で短い小ネタ系のものや、
すでにエター済みで更新が期待できないものをいくつか紹介。
古い作品ばっかりで紹介とか今更じゃない?というのはナイショだぞ!

【Fate/Zeroで】ライダー「余にブリテンを治めてみよと?」【hollow時空】
Arcadiaでの短編。Zeroの王様問答でフルボッコにされたアルトリアさんが復讐としてシミュレーションゲームを作成。
当時のブリテンを再現したゲームにイスカンダルが挑戦、無事にブリテンを治めることができるのか。
やっぱ円卓とブリテンは無理ゲーだな!(小並感

間桐の幻獣
ARMSとのクロス、残念ながらエター。
慎二が聖杯戦争前にエグリゴリに誘拐され、実験体として埋め込まれたARMSに適応。
オリジナルARMSとアリスを巡る一連の戦いを乗り越えた後に冬木へ帰還。
力を隠して日々を送るうち、やがて聖杯戦争が開始され……というお話。
慎二があらすじ通りARMS本編での戦いに巻き込まれ、協力して生き延びたという設定。
そのため人間的にも戦力的にも成長しており、ただのWAKAMEではなくなっている強化っぷり。
中々珍しい題材でストーリー的にも面白かったのですが、残念ながら序盤でエター。

Fate/Zeroニンジャもの
ニンジャスレイヤーとのクロス。
罪なきモータルを虐げ、己の魔術を高めることにしか興味のない魔術師を狩る存在、メイガススレイヤー。
彼は冬木市で行われる聖杯戦争の情報を知り、集まる魔術師達を狩るために動き出す。
ニンジャスレイヤーとのクロスということで、地の文も例の如く独特なアトモスフィアが漂っています。
設定もネタなので適当かと思いきや、意外と(というのも失礼ですが)Fateとの摺り合わせが行われていたり。
こういうネタものは序盤ですぐにエタるのが多い中、20話まで投稿済みで文量もそこそこあるのですが、残念ながらエター。

はくのんの受難
恐らくCCC後のはくのんがFGOに参戦。こちらはまだ始まったばかりで更新もされています。
Extra女主人公、ザビ子ことはくのんが相変わらずの人たらし能力を発揮しながらFGOに絡んでいきます。
Extra大好き派な自分としてはかなり先が楽しみなクロス。
ザビ子×後輩ちゃんとか大好きです。(迫真

tag : クロスオーバー


ネット小説感想「薪となった不死」

薪となった不死

<あらすじ>(目次ページより引用)
闇の時代の到来を防ぎ、世界を救う。その役割を義務付けられた不死の英雄。
その旅は、心と記憶を削る旅。


評価:☆☆☆

Fateとダークソウルのクロス。
第四次聖杯戦争(zero)のセイバー召喚時に、なぜか異世界でグウィン王を倒し薪となった瞬間のダークソウル主人公が
一緒に召喚され、とりあえず元の世界へ戻るためにセイバー達と共闘することになる……というお話。
更新頻度は低いものの、3月に最新話が投稿されているためエターというわけではないと思います。
ストーリー的にも第四次聖杯戦争までは決着がついており、そこからどうなるのかといった所。

まずダークソウルシリーズクロスできっちりストーリーが一段落している所まで進んでいるのが少ないので、
それだけでも割と好印象だったり。また、よくあるサーヴァントとしての召喚ではなくついでに引っ張られた形になるので
マスターとの契約や魔力関連での縛りがないのが珍しいです。
能力的にサーヴァント相手に無双とまではいきませんが、独自技能を生かして活躍しています。

欠点としてはFate/zeroは当然のこと、ダークソウル側の知識も無いとどんな状況なのかかなり分かりづらいです。
ダークソウルの固有名詞や登場人物がいきなり出てきたりするので、原作をプレイ済みじゃないと
さっぱり場面が想像できないということになるでしょう。
それだけに両方とも楽しんだ経験のある人はクロスオーバーの醍醐味を味わうことができると思います。

tag : クロスオーバー


ネット小説感想「せっかくバーサーカーに憑依したんだから雁夜おじさん助けちゃおうぜ!」

せっかくバーサーカーに憑依したんだから雁夜おじさん助けちゃおうぜ!

<あらすじ>(目次ページより引用)
Fate/ZEROの雁夜おじさんがあまりに気の毒!虚淵さん、アンタって人はー!
そんなことを考えつつ眠りについた男は、気がついたら第四次聖杯戦争のバーサーカーになっていた!
「ああ、きっとこれは夢だな。夢なら好き勝手にしてやろう。雁夜おじさんが幸せになるエンディングへと導くのだ!!」
原作知識を生かしつつ、雁夜おじさんのために奮闘する挙動不審なバーサーカー。これは彼の夢の物語。


評価:☆☆

タイトル通りzeroのバーサーカーにオリ主が憑依して原作ブレイクするお話。
雰囲気はギャグ寄り。ヘヴィな作風のzero原作で中途半端にギャグが入るのが自分には合いませんでした。
色々と突飛な方法で原作改変していくのは面白いものの、主人公の設定が便利すぎてかなりご都合主義的。
まあ作風もギャグ寄りなので、そういった細かい点を気にせず原作改変を楽しめる人向けです。

tag : 登場人物憑依 原作改変 ☆2


ネット小説感想「ドラえもん のび太の聖杯戦争奮闘記」

ドラえもん のび太の聖杯戦争奮闘記

<簡単なあらすじ>
アーサー王が本当にいたのかどうか、いつもの仲間たちと口論になったのび太は実在したことを確かめるため、
タイムマシンに乗ってアーサー王に会いに行こうとした。
しかし、時空乱流によりひずみが発生。のび太のいた時代から未来の日本に放り出されてしまう。
そこは第五次聖杯戦争が開始した直後の冬木、士郎の家の土蔵。セイバー召還の瞬間だった。
なし崩し的に聖杯戦争に巻き込まれるのび太は、やがて聖杯戦争の裏に隠された闇と戦うことになる。



評価:☆☆☆☆

fateの二次創作クロスオーバー物で、誰もが知っている国民的アニメの主人公がfateにやってきたお話。
おなじみのひみつ道具もありですが、設定でハンデがつけられているのと
相手が元々スペックが反則な英霊なので意外といい勝負になっていたり。
かなり異色なクロスオーバーで、原作の方向性がかなり違う方向に向いているのにちゃんとまとまっているのが凄い。
ドラえもん劇場版……というには対象年齢が高くなっていますが、ストーリーの進み方が面白いです。
それにしてもfateも大概ですが、ドラえもん(というかのび太)も相当アレな体験をしているんだなあ、と実感させられます。
ひみつ道具と劇場版ってしゅごい……。

tag : クロスオーバー ドラえもん


ネット小説感想「Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた」

Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた
http://novel.syosetu.org/42788/

<あらすじ>(目次ページより引用)
ひょんなことから遠坂凛が召喚してしまったのは、赤い外套の偉丈夫ではなく、平凡な黒髪の青年だった。
首から下が役立たずと称された彼には、腕力がない、神秘もない、知名度もない。
ないない尽くしのない尽くしで、絶望的な聖杯戦争が幕を開ける。遠坂主従の運命やいかに!?
――力で戦えないのなら、唯一持っている頭で戦えばいいじゃない。

警告:本作は登場人物が英霊となっている状態で開始します。
原作のネタバレに一切配慮しておりませんので、銀河英雄伝説をご存じでない方は閲覧にご注意ください。
クロスオーバーですが、らいとすたっふルール2004に準拠しております。

※本作はすぴばる小説部及びpixivにある『【ネタ】Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた』を改訂して投稿したものです。


評価:☆☆☆☆

Fateと銀河英雄伝のクロス。魔術師ヤンが英霊として凛に召還されて第五次聖杯戦争に挑むお話。
まさに魔術師の異名通り、奇策奇術で敵を翻弄しまくりです。
かなり珍しい方向から聖杯戦争へアプローチされており、話がシリアスなのに
これほど戦闘が少ないFate作品というのも珍しいのではないでしょうか。
ああ、こういう手があったかとすごく新鮮な気持ちで読むことができました。
現在は連載も佳境を迎えており、魔術師の本領発揮といった所です。
作者様の注意書き通り、pixivなどに完結済みの同タイトル作品がありますので、
先が気になるならそちらを読んでしまうのもありでしょう。

tag : ☆4

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア