スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mass Effect3 プレイ感想


マスエフェクト 3マスエフェクト 3
(2012/03/15)
Xbox 360

商品詳細を見る


1.2とどちらもプレイしておきながら、すっかり存在を忘れていた3を今更ながらプレイ。
最初は発売日に買ってもいいかと思っていたんですが、発売日と同時に追加ストーリーDLCを販売という
メーカーの態度がちょっとどうかと思ったので購入してなかったのを今まで忘れていました。
プレイ期間がかなり空いているので前作のストーリーとかほとんど覚えていない状態でのプレイでした。

基本的なシステムは前作と変わらず、超能力などの特殊能力があるTPSというなかなか珍しいタイプ。
RPGということで職業、成長、探索要素などもあります。
TPSが好きなら楽しく遊べると思いますし、シリーズ経験者ならすんなり入れるでしょう。

ストーリーはSFらしく人類以外の様々な種族が登場するのがこのシリーズの特徴なのですが、
今作ではずいぶんとショボくなってしまった印象です。
やってることは各種族のお使いをこなしていくだけで、気がついたら最終決戦に入っている感じで、
銀河が破滅するという危機が迫っているのに、内輪もめを解決していくだけの
なんだかあまり危機感が感じられないストーリーでした。
今までの仲間との再会や、各種族が力を合わせる最終決戦、
お使いをこなすことにより各種族の戦力が数値として表されることなど
ちょっといいなと思う点もあるのですが、もう少し全体的に緊迫感があっても良かったのでは。

また、3部作のまとめということで、前作、前々作をプレイしていないと全くストーリーがわからず、
今作から新規でプレイする人にはほとんどフォローがありません。
興味があるなら最低でも前作はやっておくべきでしょう。

オンラインでは協力プレイができるようになりましたが、こちらは意外と面白かったです。
色々な種族と職業が用意されており、それぞれが得意な点が異なるので
複数人での協力プレイがしやすいように作られており、
一回のプレイが15~20分程度で終わるのでサクサク遊べて良かったです。
ただ、目的が同じことの繰り返しになり飽きる人はすぐに飽きてしまうと思うので、
オンラインプレイのみをやり込むにはあまり向いてないかも。

この作品独自の世界観、ゲームシステムは面白いと思うのですが、
肝心のストーリーでだいぶ損をしてしまっている作品でしょう。
3部作のまとめとしても、単体のゲームとしてみてもちょっと不満が残る出来です。
今作独自の世界観、戦闘システムなどオリジナリティがあるシリーズなので、
せっかくの最終作でケチがついてしまったのが非常に勿体無く感じます。
もし主人公を変えた続編などが出るのであれば、もう少しストーリーを練りこんで欲しい所です。

総合評価:☆☆☆(☆5つで満点)

スポンサーサイト

tag : 感想 XBOX360


真・北斗無双 プレイ感想


真・北斗無双(通常版)真・北斗無双(通常版)
(2012/12/20)
Xbox 360

商品詳細を見る


前作から多少は良くなったとの評判を聞き、量販店でワゴンセールで安く買えたのでプレイ。
確かに前作よりは良くなっている点もありましたが、一つのアクションゲームとして見ると
正直あまり面白くないというか、無双系にありがちな作業感マシマシのソフトでした。
しかしこれでも北斗ゲーの中ではまだ良い出来だというのが悲しい所ではあります……。

前作で批判されていた、キャラの動きについては多少改善されていました。
もっとも操作する機会が多いケンシロウについても、一回で多数の雑魚をなぎ払える攻撃があり、
前作のようにウンザリしながらストーリーをクリアしていくことはありません。

また、原作再現といった点では紙芝居ながらも原作の大部分をカバーしており、
北斗ゲーでは珍しく天帝編、修羅の国編も収録されているのが原作ファンにはありがたいのでは。
ただし後付の嵐である無茶な原作がそのままなので、思い入れがない人が見るとキツイ所もあったりします。
声優についてはアニメから変更されているため、そちらを見ていた人なら違和感を感じるかもしれませんが、
現在ではアニメのキャスティングは物理的に不可能ということもありますし、
それほど不自然な声の人はいないので、プレイしているうちに気にならなくなるレベルでしょう。

ここまでなら紙芝居を見るのがだるいというので済むのですが、問題はオリジナルストーリーの幻闘編です。
システムとしてステージにある拠点を制圧→ボスを倒すの繰り返しのみで進み、
ステージごとの変化というのが全く無いため、ひたすら作業を繰り返すことになります。
しかも今作では一回のステージに登場する敵が少なく、後述するステルスの問題もあり
無双系のキモである敵をなぎ倒す爽快感が非常に薄くなっています。

ストーリーも原作キャラの補完ストーリーといった形にはなっているのですが、
それも紙芝居を延々と見るだけで、なおかつ同じムービーが流用されているキャラもいるため
あまり面白みがありません。
前作のジャギとアミバの珍道中のようなはっちゃけたストーリーもなく、
思い入れが無い人、実績を気にしない人なら全員をプレイしようという気力も沸かないでしょう。

アクション面でも問題があり、南斗系キャラは相変わらず敵の攻撃をタイミングよく避けてパワーアップしないと
攻撃が貧弱なため非常に使いづらいキャラになっています。
また、敵が表示されないのも問題で、本家無双のように遠くの敵が消えるというのではなく、
近くにいても敵が消えてしまうこともあり、敵を全滅させたはずなのに数人だけ表示されていないということが
伝説編、幻闘編の両方で起こります。
特に幻闘編ではハイスコアを獲得するための条件に敵を素早く倒すことも絡んでくるため、
敵の出現数の少なさに加えて、ステルスが起きることで条件が達成できなかったりと
かなりウンザリする要素でした。

本家の無双と比べても、他のアクションゲームに比べても今作はあまり良いゲームとは言えない出来でしょう。
あまりゲーム化されていない、原作後半部分を楽しみにできるような、
原作に思い入れがある人以外にはオススメできません。
アクションがやりたいなら、それこそ本家の三国、戦国無双をプレイした方が良いと思います。

総合評価:☆☆(☆5つで満点)

tag : 感想 XBOX360


Deadspace3 プレイ感想

Dead Space 3 (輸入版:北米)Dead Space 3 (輸入版:北米)
(2013/02/05)
Xbox 360

商品詳細を見る


日本で発売できないグロさで有名なTPSの名作シリーズで、自分も今までのシリーズはプレイ済みです。
今作ではネクロモーフだけでなく人間の敵も出現するということで、
サバイバルホラーというよりも、よりTPSやアクションに近くなっています。
今までのシリーズで慣れてきているということもありますが、少なくとも自分はまったく恐怖感はありませんでした。

そうしてTPSとして見ると、全体の出来はまあそこそこといった出来でしょうか。
しかし前作からバランス調整が行われている他、武器のバランスが微妙なのでちょっと気になる点はあります。

今作から武器を自分で作成できるようになりましたが、作成できる武器の中に強すぎる武器と
弱くて趣味でしか使えない武器との差が大きくあるため、場面によって使い分けるようなこともなく
強い武器ならほぼそれ一本で行けるというバランスになってしまっています。

また、敵の仰け反り耐性などが強化されているため、従来のように四肢を切り落として
時間を稼ぐ攻撃方法があまり重要でなくなっているのも前作から感覚が変わる原因となっています。
今作では迫ってくる敵を足止めするのが難しいため、敵の弱点を狙うよりも
高威力な攻撃を当ててさっさと倒すor吹き飛ばしが出来る武器で転ばせることを重視した方が楽になっており、
前作までのような敵を解体する楽しさが減っているのが残念です。

とはいえ、高難易度でなければ武器作成で自分好みの武器を作成できる楽しさはあり、
強化パーツも含めてどんな武器で戦うか自分なりの戦法を探すこともできます。
この点については面白い点だと思います。

一方ストーリーは特筆するべき点がない普通なストーリー。
前作のようについ「うわぁ…」と言ってしまうようなインパクトがあるシーンもありません。

総合するとホラー要素が薄れ、シューティングよりになったゲームにしては
所々でバランスが微妙になっており、ストーリーも平凡なので
ゲームとして良かった点が少なくなってしまっています。
前作、前々作がそれなりにインパクトがあったシリーズなだけに、
それを期待すると肩透かしを食らってしまうでしょう。
新規でプレイしようとするなら1や2をプレイした方が色々インパクトがあって面白いと思います。
シリーズを今まで追っかけてきた人向けの作品です。

総合評価:☆☆☆(☆5つで満点)

レッドファクション:アルマゲドン プレイ感想


レッドファクション:アルマゲドンレッドファクション:アルマゲドン
(2011/06/09)
PlayStation 3

商品詳細を見る


(プレイしたのはXBOX版ですがプレス不良によるバグがあるらしいのでPS版を貼っておきます)

ビッグカメラのワゴンセールで新品980円だったため購入。
前作のレッドファクション:ゲリラはオープンワールド形式だったのですが、
今回はギアーズのようなルート型TPSになっています。

システムが普通のTPSになってしまったため、前作からの特徴である
建物などの破壊ができることがあまり生かしきれていない作りになってしまいました。
建物の破壊が関わるのは何度か破壊目標を指示される時くらいで、
前作のように目標攻略の戦略に組み込んだりすることができなくなっていると同時に、
建物をガスガス破壊する楽しみも少なくなってしまったのが痛いです。
むしろ敵の攻撃で通路が破壊され通れなくなったり、自分の攻撃で通路が破壊されて自爆してしまったりと
ウザったい部分が目立つようになってしまいました。

未来の火星が舞台ということもあまり生かせておらず、ほとんどが地下での戦闘となるため、
雰囲気を味わうことができないのもマイナス点でしょうか。

全体的に見てもプレイしていて目立つような欠点がない代わりに、良い点も見当たらない出来です。
前作から尖った部分を削ったはいいものの、逆に特徴がなくなってしまったため
売りとなるシステムがないゲームになってしまったと思います。
クソゲーというほどの物でもありませんが、わざわざ何千円も出してプレイする価値があるかと言われると微妙です。

総合評価:☆☆☆ バグに当たると☆-1か-2 (☆5つで満点)

エンドオブエタニティ プレイ感想

End of Eternity Platinum CollectionEnd of Eternity Platinum Collection
(2010/12/09)
Xbox 360

商品詳細を見る


公式サイト
http://sega.jp/ps3/eoe/

<個別評価点>(☆5つで満点)
ストーリー…☆☆
設定やキャラはいいんですが、肝心のストーリーがほとんどぼかされているため説明不足に思えます。
ゲーム中、ストーリーや設定全てを10としても3か4くらいしか描写されていないのではないでしょうか。
また、主人公達が終盤まで自発的に目的を持って動くことがなく、依頼を受けて動くというスタンスのため、
終始お使い感が漂います。ストーリーの先を知りたくなるような盛り上がりがないため、
プレイしていてもストーリーにのめり込むことができませんでした。

操作性…☆☆☆
システム自体が他のRPGとは違うため慣れるのに時間がかかりますが、慣れてしまえば
特に問題なく遊べるレベルではあると思います。
自分の不満点としてはフィールドでの移動が不便、IA中のターゲット変更がしづらいくらいです。

ボリューム…☆☆☆
1周で大体30~40時間、実績フルコンプまで80~90時間程度といった所なので、
RPGとしては一般的な水準だとは思います。

ゲームバランス…☆☆☆
ゴリ押しやボタン連打で勝てるような戦闘になっていないため、きちんと考えて戦闘を行う必要があり、
終盤までは割とバランスもとれていると思うのですが、レベルを上げきってしまうと
メインの攻撃手段であるマシンガンスキルが凶悪になるため、敵の数さえ少なければ
一方的にハメ殺しできてしまい、バランスが崩壊するのがちょっと残念です。

<良い点>
・オリジナリティ溢れるシステム

非常に説明がしづらいながらも理解できれば面白い戦闘を始めとして、各所でこのゲームにしかないような
独自のシステムを採用しており、オリジナリティ溢れるゲームになっています。
無難な物が求められる昨今のゲームの中での完全新作としては珍しいのではないでしょうか。
その分システムを理解できるまで時間がかかるという難点もありますが、
理解できれば他のRPGでは味わえない面白さがあると思います。

<悪い点>
・ストーリーの説明不足がひどい

個人的にはこれがこのゲームの一番の難点でした。
主人公達に「世界を救う」だとか「○○を倒す」といった明確な目標がなく、
ゲームクリアをしても全体的なストーリーもはっきりしないため、
最後までプレイヤーを放っておいて勝手に進んでる感じがしました。
ストーリー目当てでRPGを遊ぶ人には確実にプレイは止めておけと言えるレベルです。

・移動面が不便
瞬間移動のような手段がなく、アジトがある街から他の街へ行くにもエレベーターを徒歩で乗り継いで行く
必要があったり、ダンジョンから脱出するためのアイテムを装備するのに装備枠が一つ潰れたりと、
移動面がかなり不便でした。一応、マップを全開放した階層に限り、アジトへの一方通行で帰還できるのですが、
せめてこれが往復できる仕様であったらもっと楽だったのにと思います。

<総評>
最初の印象ではガイアが俺に輝けと囁いている系の厨二スピリッツ溢れるゲームなのかと思っていましたが、
全くそんなことはなく独自のシステムが面白さに繋がっているゲームでした。
その分、ゲームシステムが合うか合わないかではっきりと評価が分かれるゲームです。
個人的には良くも悪くも「戦闘が面白いが、その他にどこか難点があるいつものAAA」のゲームだなあ
といった印象です。

このゲームでしか味わえない面白さがあると思うのですが、
ストーリー面での放り投げっぷりが足を引っ張ってしまっているのが残念です。
RPGではストーリーの面白さを重視する人もいると思いますが、そういった人にはオススメできません。
また、戦闘も慣れると作業に感じてくることもあり、そういった繰り返しが苦にならない人でないと
このゲームを楽しめないと思います。

<総合評価>
☆☆☆


<プレイ時間>
90時間程度、全実績解除済

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

tag : XBOX360 感想


Halo:Reach プレイ感想

Halo:Reach Xbox 360 プラチナコレクションHalo:Reach Xbox 360 プラチナコレクション
(2011/10/13)
Xbox 360

商品詳細を見る


公式サイト
http://www.xbox.com/ja-JP/Marketplace/SplashPages/HaloReach

<個別評価点>(☆5つで満点)
ストーリー…☆☆
3までの前日譚という設定のため、今までのシリーズ未経験者でも遊べるといえば遊べるのですが、
キャラの背景や用語などの解説が作中で殆どないことと、
ゲーム中でストーリーがポンポン飛ぶためにちょっとわかりづらいように感じました。
ストーリー自体は圧倒的な侵略者の物量に押しつぶされる人類という悲壮感が感じられて
割と面白いとは思うのですが……。いかんせん上記のわかりづらさが邪魔をして
いまいちストーリーにのめり込めませんでした。

操作性…☆☆☆
他のFPSに比べると多少独特な点もありますが、概ね快適に操作できるとは思います。
ただマップが広いのに次の目的地が分かりづらいのが難点。
マークで表示されることもあるのですが、それが無くて迷うことが何度かあったため、
できれば常に表示する、もしくは任意で確認できるようにしてほしかったです。

ボリューム…☆☆☆(マルチ含めると+1)
キャンペーンは他の一般的なFPS程度のボリュームで、大体1周に10時間かからないと思います。
その代わりオンラインでのマルチプレイルールがかなり豊富に用意されており、
色んなルールを試して遊んでいるだけでも結構遊べると思います。
(ただし現在では過疎ってるルールもあるので本格的に遊ぶには少々厳しいかも)
更に自分だけのマップを作成し、配布できるようにもなっているので
そういった工作が好きな人はもっと長く遊べるのではないでしょうか。

ゲームバランス…☆☆
まずキャンペーンではプラズマガン+HS武器の組み合わせが強く、
他の武器は趣味か弾が無い時の間に合わせに使うレベルです。
一方マルチではまずマップの構造をきちんと把握していないと
上級者のスナイプに一方的に狩られることになりやすいです。
マップによってはリスキルされることも多く、自分のへっぽこな腕を差し引いても
あまり良いバランスには感じませんでした。

<良い点>
・遊べるモードが豊富
キャンペーン、オンライン対戦の他にもファイアファイト、フォージなど
様々なモードとルールが用意されており、どれか一つくらいは楽しめるものがあると思います。

<悪い点>
・キャンペーンでの武器バランス
すでに記載した通り、特定武器の組み合わせが鉄板すぎて他の武器が趣味レベルになっていること。
弾薬があまり配置されておらず好きな武器を長く使っていけないことも合わせて
敵を倒す爽快感よりも弾薬のやりくりを考える面倒さが上回っていたように感じました。

・キャンペーンで味方AIが頼りにならない
ほぼ囮にしか使えないレベルで、せっかくのチーム設定なのに味方と共闘している感がありません。
その割に敵AIはきちんとこちらの攻撃を避け、適確にグレネードを放り込んでくるので
味方の頼りなさがより一層目立ちます。

<総評>
haloシリーズ1からODSTまでの集大成といったソフトで、
シリーズファンなら購入しても間違いなく損はしないでしょう。
(ファンというほど好きな人が今現在まで購入していないとは思えないですが)

ですが個人的に今作のキャンペーンは出来があまり良いとは思えず、
どちらかというとオンラインでのマルチプレイに力が入っている印象のため
シリーズ未経験者、特にストーリーやキャンペーンを目当てにプレイする人にはあまりオススメできません。

マルチプレイでの豊富なゲームモードも盛り上がってる時期にプレイしていれば存分に楽しめたのでしょうが、
オンライン人口が減っている現在では本格的に遊ぶのはちょっと厳しいです。
シリーズ経験者がストーリーを追っかけるために購入、
またはとりあえず4の前にやっておきたいというならともかく、
シリーズ未経験者には現役である4の方がいいかもしれません。
自分は4未プレイのため4が面白いかわかりませんが、
少なくともマルチが過疎ってて遊べないということはないと思われます。

<総合評価>
☆☆☆

<プレイ状況>
プレイ時間…20時間程度? ノーマルキャンペーンクリア、実績解除は半分程度

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

tag : 感想 XBOX360


スターオーシャン4 プレイ感想

スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- 特典 スペシャルサントラCD付きスターオーシャン4 -THE LAST HOPE- 特典 スペシャルサントラCD付き
(2009/02/19)
Xbox 360

商品詳細を見る


公式サイト
http://www.eternalsphere.com/so4/

<個別評価点>
(☆5つで満点)
ストーリー…☆☆
典型的なJRPGといった感じのストーリーで、宇宙を舞台としたストーリーは
スターオーシャンシリーズならではですが、特に目を引くような展開もなく
悪い意味でどんでん返しすぎた前作よりはマシなものの、プレイしていて良いと思った点はありませんでした。
逆に強調しすぎて安っぽくなってる仲間という言葉、通称全部劇場を始めとした萎えポイントが多々あり。

操作性…☆☆☆
RPGとしてはアクション要素が高めの戦闘に関しては、サイトアウトやラッシュといった
独自の要素もあり楽しいのですが、任意でターゲットを変更できない、フィールドでの宝箱の判定が狭い、
ディスク入れ替えの手間が多いなどゲーム全体としてみるとちょっと引っかかる所があります。

ボリューム…☆☆☆☆
通常のプレイであれば大体40~50時間程度、ムービーを飛ばして10時間前後のボリュームです。
この辺りは最近のRPGならちょっと多いくらいのプレイ時間だと思いますが、
実績目的であれば更に膨大な時間と手間がかかるのでボリューム多めに感じました。

ゲームバランス…☆☆☆
ラスボス討伐までのバランスは上手く調整されていると思います。
ボーナスボードシステムのおかげで経験値を優先したり、戦闘後の回復で探索を楽にしたりと
自分なりに進め方を選べるのも良い点でしょう。
隠しダンジョンに入り、合成に便利なスキルを覚える辺りからどんどんと
敵味方共に強さがインフレしだすようになりますが……。

<良い点>
・戦闘のアクション要素が高く、自分なりに戦法が選べて面白い
敵の攻撃をかわし背後に回り込むサイトアウトで華麗に戦ったり、ラッシュでスパアマ状態になり
強引に攻撃を叩き込んだり、敵の攻撃範囲を見切ってステップでかわしたりと
戦闘でできる動きが多く、うまく操作できるようになると戦闘がかなり楽しくなります。

しかし欠点も多く、ターゲットを任意で変更できない、遠くにいる敵がターゲットだと
攻撃ボタンを押しただけで一直線に向かっていく、スキルの説明が足りないなど
細かな不満点もあるため、万人が面白いと感じる戦闘システムというわけではありません。

・グラフィックがかなり綺麗(人物除き)

発売自体はもう数年も前の作品ですが、グラフィックは現在の作品と比べても違和感がありません。

<悪い点>
・3Dキャラモデルが変
リアルとアニメの中間を目指したのだとは思うのですが、それが変な方向に行ってしまったため
キャラモデルが異様なグラフィックになってしまっています。
慣れるまで戦闘後のアップになったキャラに違和感を感じることは間違いないでしょう。

・ディスク交換が不便
終盤、DISC3に入った所で拠点が設置されてしまいますが、以前の街やダンジョンに戻るためには
またDISC2に入れ替えなくてはならず、アイテム作成のための素材集めなどが非常に面倒な仕様になっています。
せめてDISC2内でもアイテム作成などができるようになっているだけでも便利さが違っていたとは思うのですが。

・キャラにクセが強い
オタ受けを狙いつつも変に一捻りしてしまった結果というか、キャラ描写が浅いというか……。
ちょっと自分には良いと思えるキャラがあまりいませんでした。

<総評>
世間では中古価格が暴落しているためクソゲー的な印象を受けがちですが、
決してそんなに悪い作品というわけではありません。
しかし良作というほどでもなく、戦闘は楽しいのですがそれ以外の点でちょっと微妙な点が目立ちます。
全体的にもう少し丁寧な調整が欲しかった所です。

中古価格で想像するよりはちゃんと遊べるゲームではありますので
(大体500円前後、安ければ100円200円)
暇潰し目的で購入するにはいいゲームかもしれません。

なお、PS3ではインターナショナル版として色々と細かな点を改善されたバージョンが発売されているので
値段の差が気にならないのであればPS3版がオススメです。

tag : 感想 XBOX360


Dante's Inferno プレイ感想

ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~ダンテズ・インフェルノ ~神曲 地獄篇~
(2010/02/18)
Xbox 360

商品詳細を見る


公式サイト
http://dantes-inferno.jp/

<個別評価点>(☆5つで満点)
ストーリー…☆☆
自分が元ネタのダンテを知らない&神話系の知識がないということもあると思うのですが、
基本的にストーリーが説明不足に思えました。
数少ない登場人物との会話もあまりきちんと成立していないというか、会話のドッジボールというか……。
ストーリー重視のゲームでもありませんが、あまり期待しない方がいいです。

操作性…☆☆☆
ぶっちゃけちょっと劣化したゴッドオブウォーです。
操作方法もあまり変わらず、回避やカメラ視点の問題で若干こちらが遊びにくいですが、
それほど問題を感じるレベルでもないです。

ボリューム…☆☆
難易度ノーマル相当を1周大体10時間程度。実績全解除で15時間程度。
特にやり込み要素もないアクションゲームなのでボリュームは若干少な目に感じました。

ゲームバランス…☆☆
遠距離攻撃の十字架が壊れ性能になっており、連発していれば大体は何とかなるバランスになっているので
戦闘面について詰まることはないと思いますが、その分地形トラップに即死が多め。
カメラの問題で非常に距離感が掴みづらい即死罠があったりして、ちょっとイライラすることもありました。

<良い点>
・地獄の恐ろしい雰囲気が良く出来ている
いわゆるキリスト教的な地獄?が舞台となっていますが、どのステージも禍々しくて
いかにも地獄!といった雰囲気が良く出来ていると思います。

・ローディングがない
本家ゴッドオブウォーと同様、シーンごとやステージごとの繋ぎでローディングが挟まることがありません。
テンポが大事なアクションゲームでは良い点ですが、ムービーが飛ばせないのも同様なのはご愛嬌でしょうか。

<悪い点>
・十字架が万能すぎる戦闘バランス
遠距離攻撃の一つである十字架が強すぎて戦闘のバランスがかなり緩くなっています。
さすがにボスは弱点などを考えないといけないので、十字架を機械的に連打していれば勝てるようなものでも
ありませんが、それ以外の雑魚敵は十字架があれば余裕のなので
ただでさえ少ない他の攻撃手段の存在意義がなくなってしまっています。
特に魔法は一定時間無敵の魔法以外はほぼ空気で、実績獲得目的以外ではあまり使いませんでした。

・チェックポイントの入る場所がおかしい所がある
このゲームでは収集物や能力アップのためのアイテムなどがあるのですが、
そのアイテムを回収した後にチェックポイントが入らないため、
死んで再挑戦する際に何度もアイテムを回収しなくてはいけないことがありました。
何度も同じ手順を繰り返すのはかなり面倒なので、チェックポイントを入れる場所は考えて欲しかったです。

<総評>
身も蓋もない言い方をすれば劣化ゴッドオブウォー。
できれば本家を追い越したかったのでしょうが、どうにも力及ばなかった感じです。
ゲームとしてはそこそこの出来ではあると思いますが、いかんせん名作の壁は高く
GOW経験者なら細かな不備が目につき、未経験者ならそれこそGOWを遊んだ方が楽しいという
微妙な評価になってしまい、暇つぶし用としてもボリュームが少な目なのであまりオススメできません。

自分は中古で安く購入したため、値段相応だと納得できましたが
正直このゲームにあまり高いお金は払いたくないですね。
続編を匂わせるような展開ではありましたが、出せるのかどうか……。
もし次回作があるならもっとGOWとは違う独自性を出せれば面白くなるかもしれません。

<総合評価>
☆☆☆(購入時の値段が千円以上なら-1)

<プレイ状況>
プレイ時間…15時間程度、通常実績全て解除済

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

tag : 感想 XBOX360


Gears of War:Judgment プレイ感想

Gears of War: Judgment (通常版:『Gears of War』 ゲームオンデマンド用コード) 【CEROレーティング「Z」】Gears of War: Judgment (通常版:『Gears of War』 ゲームオンデマンド用コード) 【CEROレーティング「Z」】
(2013/03/21)
Xbox 360

商品詳細を見る


公式サイト
http://www.xbox.com/ja-JP/Marketplace/Product/gears-of-war-judgment/home

<個別評価点>
ストーリー…☆☆
特に盛り上がりもなくあっさり終わってしまった印象です。
ひどい所はありませんでしたが、逆にインパクトがある箇所もなく
ストーリー自体が3に比べて規模が小さくなってしまったように思います。
また、同じシーンに数パターンのセリフが用意されていますが、どれも大した違いがあるわけでもないので、
これならもっとキャラ同士の掛け合いなどを増やして欲しかったです。

操作性…☆☆☆☆
カバー周りの快適さは相変わらずで、ばっちり銃撃戦している感が味わえます。
しかし、旧作から若干の操作変更があるためシリーズ経験者は違和感があるかもしれません。

ボリューム…☆☆☆
キャンペーンは大体5~6時間程度、難易度を上げればもっとかかります。
この点は前作までと同じくらいですが、オンライン対戦のマップが大幅に削られており、
対戦メインの人は不満を感じる少なさだと思います。
(対戦モードにより専用マップが用意されており、基本それぞれが4つずつ、DLCで追加有り)

ゲームバランス…☆☆
今作から武器枠がピストル含め2つになるという変更があったため、それが様々な点で影響しています。
キャンペーンでは更に敵が直接武器を落とさずに弾だけを落とすパターンが増えており、
ソロではチャプターの区切りで武器が初期にリセットされるため
自分の好きな武器を使い続けることができず、その場その場で調達しなくてはいけないようになっています。
対戦では入り組んでいるマップが多く、射線を確保できることが少ないため
ほぼショットガンゲーと化しており、上級者に一瞬でミンチにされることが多かったです。
これからのDLCなどで改善されるかもしれませんが、現時点ではバランスが良いとは思えない調整です。

<良い点>
・新モードのサバイバル、オーバーランは楽しい
防衛拠点を守るというコンセプトの対戦モードで、前作のホードとビーストを合わせたようなモードです。
選べるキャラそれぞれに役割があり、どれも特徴が出ているので突撃するだけでは
あまり戦果が上がらず、きちんと味方と連携する必要があって面白かったです。
ただ、サバイバルとほぼ同じ内容のため飽きるのが早そうなのと、
前作のホードとビーストも変わらず収録されていればもっと良かったのですが。

・キャンペーンの機密開示ミッションで戦闘にバリエーションが増えた
大体はこちらが不利になる展開なのですが、武器が限定されたり、
視界不良などの状況になったりして、ただ戦闘を繰り返すよりもバリエーションがあって良かったです。
ただどうしても似たような状況が何度かあったり、こちらが不利になるものばかりだったので、
ちょっとはこちらが強力な武器を使えたりするようなものがあっても良かったのでは。

<悪い点>
・対戦モードの少なさ
マップが少ないのは言うに及ばず、ルール自体もチーム戦と個人戦、陣地取り、拠点防衛の4つ。
(現在無料DLCで復活不可のチーム戦追加)
前作では豊富にあった対戦モード、マップが減らされており、
対戦メインの人でも飽きが来るのが早いのではないでしょうか。

・盛り上がりがないシナリオ
ストーリーの点に書いた通り、特に見どころもなく終わってしまいます。
チャプターごとの盛り上がりもなく、気が付けば終わっていたという感じで、
ラスボスもシナリオでは色々言われている割にプレイヤーに与える印象が薄く、
扱い的には2のプレデターと同じかそれ以下の微妙っぷりです。
いくら外伝扱いの作品とはいえ、もう少し派手に盛り上がることがあっても良かったと思います。

<総評>
基本的なことはできているのでクソというほどひどい作品ではありませんし、
シリーズ未経験者が遊ぶのであれば普通に楽しめるレベルだとは思います。
しかし、今までのシリーズをプレイしてきた身としては最後まで何かコレジャナイ感がぬぐえない作品で、
シリーズの締めとして作られた前作に比べ、かなり小粒になってしまったように思います。
前作ほどのスケールを期待して購入したので少々ガッカリしてしまいました。
難しいかもしれませんが次回作は3に匹敵、あるいは3を超える面白さを期待しています。

<総合評価>
☆☆☆

<プレイ状況>
プレイ時間…60~80時間程度?
イベント関連実績以外解除済

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

tag : 感想 XBOX360


NINJA BLADE プレイ感想


NINJA BLADE(ニンジャブレイド) Xbox360 プラチナコレクションNINJA BLADE(ニンジャブレイド) Xbox360 プラチナコレクション
(2010/04/08)
Xbox 360

商品詳細を見る


公式サイト
http://www.ninja-blade.com/

<個別評価点>(☆5つで満点)
ストーリー…☆☆☆
微妙に胡散臭さを感じるニンジャがど派手を通り越して馬鹿らしい(ほめ言葉)アクションを繰り広げるという
ハリウッド映画のB級作品のようなストーリー。
時折超展開が挟まる所まで、限りなくB級っぽいという細かさです。
その手の映画が好きな人にはたまらないと思いますが
現実感のないアクションに拒否反応が出る人もいるのではないでしょうか。

操作性…☆☆☆
アクション部分の基本的な操作感に不満はありませんが、カメラワークが気になることが多かったです。
遊べないほどひどいというわけではありませんが、距離感が掴みづらい所がありました。

ボリューム…☆☆☆
難易度普通を1周で10~15時間程度、実績コンプまで30時間程度。
アクションゲームとしてはまあまあボリュームがある方だと思います。

ゲームバランス…☆☆☆
ボタン連打クリアできるようなアクションではないので、
一周クリアするだけの人でも遊び応えはそこそこある方だと思います。
基本的には大体の攻撃に対処できるようになっており、
難易度難しいでも何度か挑めば対処できるバランスになっていますが、
時折ボスの攻撃で理不尽に攻撃範囲が広い物もあり、
非常に避けづらくイラっとくることもありました。

<良い点>
・ダイナミックを通り越して有り得ないレベルになっているアクション
動画サイトなどにあがっているプレイ動画を見ると雰囲気が掴めると思いますが、
人間ができるレベルを遥かに超えたアクションを繰り広げています。
リアリティ?何それ?という有様なので、これが受け入れられないとこのゲームは楽しめないでしょう。
受け入れられるのであれば、次は何をやらかしてくれるのか楽しみにできると思います。

・ステージ中のローディングがほぼ皆無
ステージ途中でムービーとQTEが挟まることが多いのですが、
その際のローディングがなく、シームレスにシーンを移行しています。
アクションゲームにしてはムービーが多い部類のゲームなので、
いちいち待たされることが無いという点は評価できると思います。

<悪い点>
・QTEが多く、ムービーがスキップできない
QTE自体も楽しい物ではありませんが、失敗しても巻戻ってすぐ再開できるのでギリギリ許せます。
しかしQTEがあるムービーはスキップできないせいで、ボス戦などでリトライした際、
二周目以降などですでに見たムービーを飛ばせないのが面倒でした。
せめてクリア後にオプションでQTEとスキップの有無を選べたら快適さがかなり違ったのではないでしょうか。

・一つのミッションが長い
それぞれのミッションが割と長めに作られており、初回では1ステージで大体1時間程度、
慣れても30分程度はかかるようになっており、微妙にテンポが悪いです。
ボス敵も1つのステージで2,3体は出るようになっているので、
強いボスを倒す爽快感が薄れていたと思います。
せめてボスを倒した時点で終了にして、1-1、1-2などに細かく区切ってもらいたかったです。

<総評>
自分はそれなりに楽しんで遊べましたが、それは購入した値段が安かったからであって
新品定価で購入していたら不満が残るレベルのゲームです。
恐らくB級を狙って作られたのだと思いますが、ゲーム自体の出来も中途半端になってしまっているのが残念。
もう少しバカゲー狙いに特化するか、QTEやTPS部分を少なくしてテンポを改善したら
もっと良作になったのではないかと思います。
B級映画のノリが許せてQTEにも耐えられるという人であれば、
割と楽しめる作品だと思いますが、そうでない人には厳しいです。

<総合評価>
☆☆☆

<プレイ状況>
プレイ時間…30時間程度、全実績解除済

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

tag : XBOX360 感想

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。