スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説感想「戦乱の帝国と、我が謀略 ~史上最強の国が出来るまで~」

戦乱の帝国と、我が謀略 ~史上最強の国が出来るまで~

<あらすじ>(目次ページより引用)
目立ちたがりの主人公や、俺TUEEEEを読むのが辛くなってきた人向け。
地球と同じように歴史が積み重なっている異世界で、元日本人が暗躍する話。
人の眼から隠れ、名誉、富、全てに興味を持たず目的の為だけに動き、やがて陰から世の動きに影響を与え始めていく。
主人公は、変化していきます。
三国志を元にして、三国志を知らない人が楽しく読める物珍しい戦記物を目指しています。
読み進めれば読み進める程面白くなる予定。



評価:☆☆

あらすじ通り、徹底的に影に徹する主人公が陰謀で暗躍するお話。
ファンタジー世界とはなっているものの歴史の流れが三国志なので、それを生かした先読みと現代知識で主人公が暗躍します。
どこかで見たことあるような気がしたと思ったら、これ恐らくハーメルンの恋姫無双二次で見たような気がします。
そこからあまりストーリーも変わっていませんし、別にこれ恋姫二次からオリジナルにする必要あったのかな……?という疑問が。
まあ二次創作だと原作キャラにあわせなきゃいけなかったりするのがキツかったのかな。

とりあえず主人公は影で暗躍するとありますが、徹底して隠れるために謙遜を超えた卑屈な態度を取り、
とにかく評価されることを避けようとするため、非常にまだるっこしく感じます。
また、主人公が何を目的として動いているかが全くわからず、感情移入することが難しいです。
陰謀、軍師系の主人公が好きな人でも更に人を選ぶ内容になっています。
さっと読んでみて、主人公が合わないと思ったらそこで即読むのをやめていいと思います。
あらすじには主人公が変化していく……とありますが、現時点(100話越え)していますが、あまり変化が感じられないので
変化に期待して先を読んでもがっかりするでしょう。

スポンサーサイト

tag : 戦記 軍師系 ☆2


ネット小説感想「レイロアの司祭さま~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~」

レイロアの司祭さま~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~

<あらすじ>(目次ページより引用)
迷宮都市レイロアで冒険者の道を選んだノエル。
てっきり僧侶になると思っていたのに上級職の司祭になってしまう。
嘘みたいに成長が遅い司祭。
パーティを組むとみるみる広がるレベルの差。
これでは固定のパーティを組めないと痛感した彼は既存のパーティに一時的に参戦する冒険者、
俗に言う「便利屋」として生きていく。
一度きりのパーティでも、別れがすぐに訪れても、彼にとって冒険は何物にも代えがたいものだった。
今日もノエルはギルドへ赴く。
参戦させてくれるパーティを探して。


評価:☆☆☆

チートや転生などがないオーソドックスなファンタジー。
あらすじ通り、なかなかレベルが上がりにくい職業についた主人公が、レベルの低さゆえの問題に対処しながら
なんとか自活すべく頑張るお話。司祭はレベルが上がりにくいというのはwizという古事記にも書いてあるからしょうがないね。
実際にはそれほど悲惨な展開はなく、低級~中級冒険者の日常といった感じでしょうか。
俺TUEEEによる爽快感はないものの、自分のできることでなんとか難題を解決していくといった感じで
レベルが低いから全く活躍できないということはありません。
余計な要素がなく、主人公最強じゃない王道ファンタジーが読みたい人にオススメ。

tag : ☆3


ネット小説感想「伝説のシャベル」

伝説のシャベル

<あらすじ>(目次ページより引用)
自らの墓穴を掘っていた男は世界の境目を掘りぬいてしまった。目覚めた場所は透き通る結晶の砂漠に点在する島影。
奇妙な世界で今度は死ぬ為でなく、自由に生きるために男はシャベルを手に歩き出す。
生き抜く力を身に付けた男は地底を目指す。時を凍らせる結晶の砂漠・・・眠れる人を、街を、世界の謎を掘り起こせ!

テーマは「生きる」です。第3章からマトモに会話が始まります。それまでは漂流生活日記みたいなものです。


評価:☆☆★(序盤は2、中盤以降は3)

異世界転移、最強物で完結済。謎の世界でのサバイバルから現地人?との出会い、発掘での旅と勢力争いなどがメインのお話。
とにかく序盤を読み進めるのがキツイ。主人公が一人なので会話が全くないことと、
サバイバル描写が淡々としていて文章がかなり味気ないので読む気がガリガリと削られていきます。

幸いというか何というか、主人公が一人でいる間の文章量が少なくなっているので、
ざっと流し読みで進めて世界観を大体でいいので把握し、他のキャラが出てきて主人公にも目的ができるあたりまで
読むことができれば面白くなってくると思います。

現地人と出会い、主人公が世界の発掘を始めてからは章ごとに舞台が少し変わるので、
地下世界を旅しているような気分で見ることができたり、主人公が目的を達成する間に関わることになる他のキャラとの関係など、
お話的に盛り上がるポイントも結構あるので楽しく読むことができました。
それだけに序盤の無味乾燥さが非常に勿体無く感じます。読む分にはそこを乗り切れるかどうかが最大の難関。

tag : 異世界転移 主人公最強 ☆2 ☆3


ネット小説感想「暗殺100人できるかな」

暗殺100人できるかな

<あらすじ>(目次ページより引用)
ちょっと100人殺してきてくれ――。

最強の暗殺者クロネコは、その依頼を受けた。


評価:☆☆☆

凄腕の暗殺者である主人公が、所属する国の暗殺ギルドから受けた
敵対国の国民100人を無差別に暗殺するという難題をどのように解決していくかというお話。
よくよく考えると大規模魔法だとか、特殊な呪術だとかを使わずに無差別殺人100人ってファンタジーでも
なかなかに厳しい条件だとは思いますが、この主人公は淡々と任務をこなしていきます。
老若男女問わずのプロフェッショナルぶりで、途中に起きるアクシデントも多少苦戦したりはするものの、基本はさらりと解決。
一般的ななろう小説の最強物とはちょっと方向性が違いますが、これも間違いなく主人公最強物と言えるでしょう。
あまりに淡々としすぎて大きな盛り上がりもなく終わってしまうのが難点とも言えますが、
サラリと読めて綺麗に完結しているので、モラル的に殺人を厭わない主人公達に嫌悪がなければ
俺TUEEE系が好きな人には良いと思います。

tag : 主人公最強 殺人描写有り ☆3


ネット小説感想「異世界ツーリング」

異世界ツーリング

<あらすじ>(目次ページより引用)
リストラで会社を首になり、妻とも上手くいかない32歳のエンジニア、伊勢修一郎。
彼は愛するススキのスポーツバイクに乗って、傷心を癒やす旅に出た。
北海道に行くはずだったが、ひょんなことから異世界にトリップ。相棒のバイクには意志が宿り、
中世の砂漠の国を舞台に、行く先々で様々な出会いを経験していく。

基本的にはアラビア風異世界を舞台とした、旅&内政&現代知識チート&技術チートものです。
戦闘もちょこちょこあります。


評価:☆☆☆

異世界転移、チート有り、現代知識活用系、ハーレムは無しで完結済。
タイトルにツーリングと入っていますが、それほど旅暮らしというわけでもなく、
展開がどんどん広がって現代知識を活用した発明チートで商売、戦争で活躍するハードな描写などが入ってきますので
若干タイトル詐欺気味。のんびりとしたほのぼの旅情物などを期待すると間違いなく裏切られるとは思います。
しかし、最初からそういうものだと理解しつつ、現代人がチートで活躍する話だと思えば大丈夫でしょう。
文章にもちょっと独特なクセというか特徴があり、読み終わった後には他のチート最強物にはない
不思議な読後感がありました。
難点としては作風がまだ固まっていないであろう序盤ではネットスラングが唐突に出てきたりすること、
主人公の性格があまり安定していないように見える部分があるので、
そういった部分での違和感を我慢できるかどうかで評価が変わってくると思います。

tag : 異世界転移 チート 現代知識活用 ☆3


ネット小説感想「冒険者パーティーの経営を支援します!!」

冒険者パーティーの経営を支援します!!

<あらすじ>(目次ページより引用)
「もう、冒険者やめた方がいいんじゃないですか。」

解雇からはじまる、駆け出し冒険者支援の物語。
チートなし。地味な展開がつづきます。

最初は個人でコンサル。後で事業家として支援していきます。


評価:☆☆☆

怪我で引退することになった現代日本の転移者が、何とか日銭を得るために
冒険者時代の経験と現代日本の知識を合わせて新しい事業へ挑戦するお話。
最初は小規模なガイドから会社経営に発展、現時点では内政物になっています。
1話1話の文量が少ない代わりに毎日更新をしていくタイプなので、話数が現時点で500話を越えてはいますが
最初から読んだとしても、最新まで追いつくのに時間はあまりかからないはず。
難点としては冒険者の生活を向上させるというメインの目的がありつつも、
話があちこちに逸れるので読んでいてもどかしくなることもあったり。
あくまでもチートレベルではなく、異世界で現代日本での知識を生かして活躍する話が好きな人なら
毎日空き時間などにサッと読むのにはいいかもしれません。

tag : 異世界転移 現代知識 内政 経営 ☆3


ネット小説感想「私は戦うダンジョンマスター」

私は戦うダンジョンマスター

<あらすじ>(目次ページより引用)
ダンジョンを経営することになったはいいものの、ダンジョンは極貧状態。
モンスター一匹すらまともに生み出せないような状況にあった。
ならばモンスターは自分!トラップは自分!ついでにダンジョンに眠るお宝も自分!
戦えダンジョンマスター、働かざる者経験値を得るべからず!

これは異世界人の侵略によって元居た世界を失った女子高生が、
世界を取り戻すためにダンジョンで戦うダンジョンマスターをやる話です。


評価:☆☆☆

ダンジョン経営系のお話。ダンジョンといえばお宝を餌にモンスターを配置して侵入者を迎え撃つというのがお決まりですが、
極貧状態だったことから全てを自分で何とかしなくていけなくなり、ダンジョン製作者が最初から出てくるという
何とも型破りなダンジョン経営。しかしトラップのいやらしさと殺意は一級品。
クリアされることを考えないダンジョンを真剣に考えるとこうなるよね……という容赦のなさっぷりが素敵。
女性主人公で、異世界転移前は一般人という設定は何だったのかというくらい状況への適応が早くて
多少違和感がなくもないですが、そこさえ乗り越えられれば面白く読めるのでは。
影牢シリーズで、主人公が直接戦えたら……と考えたことがある人などにはオススメです。

tag : 女性主人公 ダンジョン経営 ☆3


ネット小説感想「食い詰め傭兵の幻想奇譚」

食い詰め傭兵の幻想奇譚

<あらすじ>(目次ページより引用)
世話になっていた傭兵団が壊滅し、生き残ったロレンは命からがら逃げ出した先で
生計を立てるために冒険者になるという道を選択する。
だが知り合いもなく、懐具合も寂しいロレンではろくな依頼も受けられそうになく、どうしたものかと思案しているところへ
他の冒険者が声をかけてきた。


評価……☆☆☆

転生やあからさまな神様チートなどがないスタンダードなファンタジー物。
主人公も今の所は元傭兵でそこそこの実力者という以外は普通の人間で、
素寒貧になった状態から何とか生計を立てようと冒険者になるお話。
よく言うと堅実、悪く言うと地味な雰囲気ではありますが、ちゃんと話ごとに山場はあるので
全く盛り上がらなくて読みにくいということはないと思います。
序盤の展開がちょっとどこかで見たような気がしなくもないですが、そこでブラバするのは勿体無いかと。


ネット小説感想「異世界道楽に飽きたら」

異世界道楽に飽きたら

ある日、一人の中年男が異世界に迷い込んだ。
魔法とレベルで彩られたその世界は、何故か男に優しかった。
労せず得た力を使い、男は元の世界で出来なかった道楽の旅に出る。
男の保身ついでの道楽は、関わる者に影響を与えていく。
男の気まぐれという名の道楽は、異なる社会に波紋を起こしていく。
だが、男がそれを気にする事は無い…………。
――――自由気ままな旅は続く。
男が異世界道楽に飽きる、その日まで。



評価:☆☆☆

言っちゃ悪いとは思いますが、割と典型的ななろう異世界転移ファンタジーのテンプレそのまま。
チートをもらって俺TUEEEして、現地の難題を陰でサクっと解決して評価アップ、でも目立ちたくないムーヴ。
他の作品と多少違う所といえば、主人公が中年的思考のいやらしさをあまり隠さず、
開き直ってチートライフを堪能している所でしょうか。
なろうテンプレ作品に否定的な人、テンプレは飽きたという人には全くオススメできませんが、
難しいことは何も考えず軽い感じで楽しめます。

tag : 異世界転移 チート ☆3


ネット小説感想「異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~」

異世界取材記 ~ライトノベルができるまで~

<あらすじ>(目次ページより引用)
編集者から「異世界ものを勉強しろ」と言われたので、取材に行く事にしました。
今まで異能世界やSF世界の取材はした事があるけど、ファンタジー世界は初めてだったので、めちゃくちゃ楽しかったです。
これで俺も”異世界チート無双ハーレム”ものを書けるようになれるぞ!


評価:☆☆☆

次回作の構想に悩むライトノベル作家が、最近流行のチートハーレムに乗ろうとファンタジー物を書くため、
編集者の命令で実際にファンタジー世界へ行き、勇者や魔王などに取材を試みるというお話。
いやー、最近のライトノベル業界っていうのは凄いんですね(棒
設定と着眼点は面白くあらすじも目立つとは思うんですが、本編はその設定と勢いだけで押し切っている感が。
ライトノベル作家とは名ばかりの超人になっているので、作家という所にはあまり期待しないほうが良いでしょう。
ですが綺麗に完結していますし、ストーリーも破綻している部分はありませんでしたので、
ちょっと変り種の異世界転移物として読むならいいと思います。

tag : 異世界転移 ☆3

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。