スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説感想「魔物がうろつく町内にアラフォーおっさんただ独り」

魔物がうろつく町内にアラフォーおっさんただ独り

<あらすじ>(目次ページより引用)
在宅業務で細々と暮らすごく普通のアラフォー男『大下敏樹』は、ある朝目覚めると周りにだれもいないことに気づく。
誰かいないかと車を出したが、いつもは通勤ラッシュでごった返している国道に一台の車も走っていないことを知り、
さらに人を求めて国道を進んだが、町境の先へはどうあっても進めないことが判明。
車を降りて呆然とする敏樹の耳に届く、聞いたことのない喚き声。声の主を見ると、そこにはゴブリンがいた……。

ステータスなし、レベルなし、スキルなし、チートなし。ごく普通のアラフォー男が
自前の身体能力と知恵と勇気と生まれ育った町内という地の利を武器に、
たった独りで異形の魔物と戦うローファンタジー、ここに開幕!!


評価:☆☆☆(中盤あたりまで)~☆☆(終盤)

自分以外は誰もいない現代日本で、なぜか出現するモンスター達と戦いながら、
不思議な世界で生き残り、脱出するために頑張るというお話。
チートなしとあらすじにはありますが、所持金(に値する物)が半分になって生き返る、
無人だけども不思議な力で利用できる各種店舗とネット通販など、充分チート有りだと思います。

自分以外がいなくなってしまった世界とシステムを手探りで少しづつ探索し、
現代日本で手に入る物をDIYで組み合わせてモンスターに対抗するという流れがなかなか面白かったんですが、
中盤以降になると安全地帯からのヒットアンドアウェイという身も蓋もない戦法で大体の戦闘が終わってしまい、
それが通用しない敵についても、他の方法で非常にあっさりと解決しておしまい、という尻すぼみ感がありました。
いやまあ、リアルに考えれば安全な所から一方的に攻撃できるんなら誰でもそうすると思いますが、
それをお話でやられてもあんまり面白くないよね、という例になってしまっています。
終盤になって出てきた残機制を最初から導入しておくなど、もう少しハラハラする展開があっても良かったと思います。

続編というかif編で正真正銘の異世界に同じ主人公がチート有りで転移するお話もありますが、
そちらは典型的なろう小説なので見所はあまり無し。

スポンサーサイト

tag : チート 現代ファンタジー ☆3 ☆2


ネット小説感想「腐男子先生!!!!!」

腐男子先生!!!!!

<あらすじ>(目次ページより引用)
ごく普通の腐女子と、ごく普通の腐男子が出会った。イベント会場で。
ただひとつ、ごく普通と違ったのは、二人は高校の教え子と教師だったのです。




評価:☆☆☆

腐っている男子、いわゆるボーイズラブが好きな男の人である腐男子の先生と、
自分で同人誌を出している高校生女子との日常物。
設定がそれこそどこの乙女ゲーだよと思わなくもない、BLという単語が頻出する、
文章内でも若者言葉がかなり出るのでくだけた文章が苦手な方は受け付けないであろうことなどと、
かなり人を選ぶ作品ではあるんですが、実際にはそれほどBL要素が強いわけではなく、
上記の点を乗り越えることができれば、オタクあるあるを中心としたギャグが多いので
BLに興味がなくても読めると思います。
個人的には先生のぶれないメンドクサさが面白かったです。

tag : 女性主人公 ☆3


ネット小説紹介「ぼっちの日本迷宮生活」

ぼっちの日本迷宮生活

<あらすじ>(目次ページより引用)
天変地異によりダンジョンが出現。家が倒壊して強制的脱ひっきーを果たした佐々木和真は、
ぼっちという最悪のスキルを目覚めさせパーティが組めないことが判明。
かくして、ぼっちの和真は一人きりのダンジョン探索をする冒険者となった。
モンスターを討伐したり宝箱を探したり、親孝行も頑張ろう。
そんな和真の前に、ダンジョンの主であるダンジョンマスターが立ち塞がる。現代にダンジョン出現もののローファンタジーです。


評価:☆☆

現代日本での迷宮探索物。主人公はハイリスクハイリターンのスキル持ちで、チートと呼ばれるほどの強さはなし。
題材が好きなので読んでみましたが、オススメ!というには少し難点が多いかな、と。
ストーリーの展開は一方的なチートでの蹂躙や俺TUEEEがなく、親孝行を頑張る元ニートというほっこりできる点もあるのですが、
文章中にネットスラングが多用されていたり、脇役キャラのウザさがキツかったり、
毎回の後書きが痛寒かったりと萎えるポイントの方が多いです。
このジャンルが好きな人で、多少の難点なら突っ込まずに流せるというならチェックしてもいいのでは。

tag : ダンジョン探索 ☆2


ネット小説感想「東京迷宮シリーズ」

東京迷宮シリーズ

<あらすじ>目次ページより引用
戦後間もなく、東京周辺三十三カ所に突如出現した異空間。
〈こちら〉とは全く違う法則に支配された場所に繋がる「そこ」は〈不可知領域〉と命名され、
いつしか〈迷宮〉と通称されるようになる。

それから半世紀以上が過ぎた現在、〈迷宮〉はレアな物質を採取するための場所として認知され、
東京という都市の風景にすっかりとけ込んでいた。
それら〈迷宮〉に挑む探索者たちは、一攫千金を狙う者か、それともなんらかの理由で一般社会から弾かれた訳ありか。
とにかく、まともな人間が迷宮に入る例は少なかった。



評価:☆☆☆

現代日本に現れた迷宮を探索し、それぞれの目的をはたそうとするお話。
主人公や登場キャラを変えたシリーズ物となっており、それぞれで主人公達の立ち位置が違うので
変わった視点で作品を読むことが出来ます。
迷宮探索物としてはあまり突飛な設定などはありませんが、
割と珍しい現代日本迷宮探索物で綺麗に完結している作品で、安定して読むことができると思います。
難点としては誤字脱字が結構目立つ所でしょうか。

tag : ダンジョン探索 シリーズ ☆3


ネット小説感想「腹ぺこエルフさん放浪記」

腹ぺこエルフさん放浪記

<あらすじ>(目次ページより引用)
なぜか当然のように現代日本に出現しているエルフさん。
旺盛な食欲と好奇心にまかせて、様々な場所で、様々な人々に混ざって食卓を囲みます。
毎週金曜日に更新。


評価:☆☆☆

タイトル通り、恐らく異世界からやってきたであろうエルフらしき人が現代日本で食べ歩きをするだけのお話。
どんな異世界からやってきただとか、名前からしてあの神様の加護を受けているのではないかとか、
そういった細かい設定が語られることは一切なし。ただただ美味しいご飯(時にはハズレもあり)を食べるだけです。
ストーリーの起伏、登場人物の魅力など色んなものを省いて、食事描写に全てが注がれています。
なので料理小説として多少はストーリーがあった方が良い、という人は向いていないかもしれません。
日本にはこんな料理がたくさんあるんだよ、というメシレポとして見た方が良いでしょう。
また、空腹時やダイエット中にはオススメできません。手元につまめる物を用意しておくか、
あらかじめ食事をすませておきましょう。

tag : 料理 ☆3


ネット小説感想「格安一戸建て、ダンジョン付き65万円」

格安一戸建て、ダンジョン付き65万円

<あらすじ>(目次ページより引用)
両親の事故死によって、住処も失った鴻池兄妹は、保証人がいない事からアパートすら借りられない。
そして「貸してくれないのなら買えば良いじゃない」って事で、格安物件で有る山中の一軒家を購入する。
だが、引っ越して数日後、その家の敷地に『ダンジョン』が現れる。
二人は、警察や『ダンジョン管理機構』にも連絡せず、そのダンジョンを使って魔石と宝箱で生活費を稼ぐ事にする。

これは、ダンジョンが突然現れた現代社会をベースにした、ヘタレ気味の兄とアグレッシブな妹とぺんぺんの生活記で有る。
(幼女・ケモ耳娘・俺Tueeeなどのテンプレはありません)


評価:☆☆

現代日本に現れたダンジョンを攻略して生活の糧にしよう、というお話。完結済。
ダンジョン攻略系というと生き死にがシビアなイメージがありますが、こちらは良くも悪くも効率重視。
ピンチに陥ることがほとんどなく、サクサクとストーリーが進んでいきます。
俺TUEEEがない、と注意書きにはありますがピンチがあるとは言っていない……といった感じ。
現代日本人がこんなにサクサク適応できるんだろうかという点で引っかかるのと、
妹の人の言うことを聞かないキャラと合わせちょっと好みが分かれそう。
ただ現代日本のダンジョン物で完結しているのをあまり見たことがない(自分が知らないだけかも)ので、
きちんとストーリーに決着をつけて完結させている、というのは良い所だと思います。

tag : ダンジョン攻略 ☆2


ネット小説感想「リアル世界にダンジョンが出来た」

リアル世界にダンジョンが出来た

<あらすじ>(目次ページより引用)
リアル世界にダンジョンができた。
ダンジョンの中にはモンスターが徘徊しており、モンスターを倒すと力を得る。
そんなダンジョンを攻略するものを探宮者と呼ぶ。
主人公は、田舎に住むさえない農家の人。
ある日、自宅の庭にダンジョンが出来て如何にかするためにダンジョンに入る。
そのダンジョンは、主人公が知っているダンジョンに比べ大したことがなく、なんとかできることが判明。
農家の仕事をしながら、ダンジョン攻略もすることにした。
農家と探宮者を両立する主人公。
そんな彼の未来は……。


評価:☆☆☆

現代の世界各地にダンジョンが出現。未知の事態に世界で調査が始まる中、
農家である主人公の自宅の庭にもダンジョンが出現。自宅で飼っている犬と鶏をお供に攻略していくお話。
パーティーを組むのが犬と鶏なので、今の所主人公と家族、ぽっと出のゲストキャラ以外はほとんど人間のキャラが登場しないで
ダンジョンを攻略していくのが珍しいパターン。
チート、ハーレムもなく手探りでじりじり進んでいく感じです。
その分、展開が遅く感じられるのが難点か。
ダンジョン攻略系のお話が好きなら、ちょっとした変化球として一気にまとめて読んでしまうのがいいかも。

tag : ダンジョン ☆3


ネット小説感想「プリンセス・オブ・オタサー」

プリンセス・オブ・オタサー

<あらすじ>(目次ページ)
『プリオタ』は全国のオタサーの姫が頂点を争う大会である。かつてのサークルクラッシャ―住吉美卯はオタサーの姫を引退し、
幸せな日々を送っていた。しかし、そんな彼女の元に一通の招待状が届く。
それは美卯を荒々しい戦いの渦へと巻き込んでゆくのだった――。



評価:☆☆☆

現代日本、オタクの集まりの中にいる女の子、いわゆるオタサーの姫がメインのギャグ物。
姫という存在を詳しく知らなくても、ネット上でちょっと検索をかければ分かるような
あるあるネタが多いので身近に姫がいなくても割りと笑えるはず。
まあ題材が勝負の一発ネタというか、出オチ感がなきにしもあらずですが、
あまりダラダラ引っ張らずにスパッと完結しているので、サラッと読むにはぴったりだと思います。


tag : ギャグ 女性主人公


ネット小説感想「俺のロボ」

俺のロボ
http://ncode.syosetu.com/n1827cj/

<あらすじ>(目次ページより引用)
“ガーディアントルーパーズ”はアーケード用のロボットアクションゲームだ。
プレイヤーはコクピットさながらに作りこまれた大型筐体に搭乗して戦う。

ありがちな世界設定にどこか野暮ったいメカデザイン、ボタンだらけの二本のジョイスティックに
フットペダルまで使う複雑すぎる操作。トドメに鬼のような難易度のミッションとマイナス要素のオンパレードだ。
 
レビューサイトの評価は総じて低かったが、俺はこのゲームにハマってしまった。
三十路も近いサラリーマンがゲーセン再デビュー、今時の若者たちにオヤジの力を見せてやるぜ。

だがこのゲーム少し変だ、全国大会を勝ち進むうちに俺の周囲で妙なことが起き始めた……



評価:☆☆☆

現代日本かちょっとだけ未来の日本が舞台のロボット物。
自分が操縦するタイプのロボットゲームをやり込んでいたら、自覚は無いのに何だか周囲が騒ぎ出して……というお話。
若干の勘違い物要素もあり?
戦場の絆プレイヤーやレイヴンになったことのある人なら共感できるのでは。
やっぱり格闘特化機体ってロマンですよね。
ゲーマーとしてはこんなゲームをプレイしてみたい、と思わせる描写が面白い物の、
最新話辺りの展開があらすじ通り妙なことに。
着地点がどうなるのか見守りつつチェックしている作品です。

tag : ゲーム ロボット

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。