スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説感想「Vengeance For Pain」

Vengeance For Pain

<あらすじ>(目次ページより引用)
無駄な事なんてない―――無駄な事なんて、何一つとしてなかった。


評価:☆☆☆

FGO二次創作、オリキャラで肉体改造により自ら戦闘に参加するスタイル。
割と戦闘関連の描写がハードなことに定評のある作者さんで、
他の作品を読んだ事があればノリが理解できると思いますが、基本的に容赦という言葉は存在せず
できるだけ確殺を取っていくタイプ。ぐだおもそれに影響されていくのが面白いですが、
やっぱり特異点もそれに合わせて難易度が上がっていくのでした。
その他にもFGO以外の型月関連の登場キャラがちらりと見えたり、
謎の多い主人公の設定が徐々に明らかになっていくのが面白かったです。
独自設定盛り盛りのオリキャラに抵抗がなければオススメ。


スポンサーサイト

tag : オリジナル主人公 ☆3


ネット小説感想「人類を救うのは俺ではない気がする」

人類を救うのは俺ではない気がする

<あらすじ>(目次ページより引用)
FGOの世界に産まれた転生者くん。
原作知識が絶対に役に立たないであろう人理修復に参加することになったのだが、
やっぱり型月の世界の人物達は全員個性的過ぎて?


評価:☆☆☆

FGO二次では珍しいタイプのマスター複数制、ちょっとだけオリジナルサーヴァントも有り。
主人公が原作知識持ちでありながら、最初に召喚するのがジャンヌ・オルタだったりで規格外なため原作とは少し違った展開に。
マスターが複数いながらもそれぞれに個性というか、担当するサーヴァントが特徴的なので
どんなキャラなのかもイメージしやすく、サーヴァント同士の掛け合いも自然で読みやすかったです。
主人公の原作知識も嫌味にならない程度の優位と、それによるデメリットなども描写されているため
単なる原作転生俺TUEEEになっていないのも良かったです。
しかし序盤は作風が固まっていないせいか、割とありがちな俺TUEEE物のような出だしになっているのと、
あまり考えず軽いノリで決めたんじゃなかろうかという主人公以外のマスター勢の名前など、
勿体無い点がいくつかありました。とりあえず序盤(冬木終了あたりまで)は深く考えずさっと流してしまうことをオススメします。
そのため、原作設定を大事にする人だとちょっと受け付けないことがあるかも。

tag : 原作転生 オリジナル要素 ☆3


ネット小説感想「生物兵器の夢」

生物兵器の夢

<あらすじ>(目次ページより引用)
ハンター。生物兵器、B.O.Wとして犯罪組織に良く使われている。
とある犯罪組織では、抵抗すると爆発する首輪を付け、飼いならしていた。


評価:☆☆☆

バイオハザードシリーズの二次創作。主人公は原作では中盤から厄介な敵として出現してくる
生物兵器(B.O.W)である名もなきハンターの一体。
転生だとか憑依だとかもなく、ただ戦闘をこなしていくうちに生き延びるための知識を得てきた個体です。
バイオ二次でB.O.Wが主役というのは時々見かけるんですが、憑依などのチートが全く無い状態で
純粋なただの生物兵器というのは珍しいと思います。
原作の主人公であるクリスやレオンなどの人間は全く登場せず。
完全に生物兵器としての描写のみで終わるというなかなか新鮮な作品でした。
生物兵器として人間を凌駕する身体能力はあるものの、
銃や爆弾で対抗してくる人間たちとの戦いをどう生き抜いていくのかというサバイバル感が面白かったです。
原作知識がないと光景が想像しづらいので、原作未プレイの人にはちょっと読みづらいかも。

tag : 人外主人公 ☆3


ネット小説感想「女神官逆行」

女神官逆行

ゴブリンスレイヤーは、ゴブリンの凶刃に倒れた。
その後を生き、そして死んだ女神官の、二周目のおはなし。


評価:☆☆☆☆

割と珍しい……というか、ほとんど見たことがないゴブリンスレイヤーの二次創作。
タイトルとあらすじ通り、ゴブリンスレイヤーがいなくなってしまった後に壮絶な人生を生きた女神官が、
ゴブスレとの出会いまで逆行したら、というお話。
ゴブリンゴブリン言ってる変なのが増えた!という感じです。
原作のTRPGを下敷きにした空気感が大事にされており、オリジナルエピソードなどもあるのですが
ほとんど違和感なく読むことが出来ます。
まだそれほど話数はありませんが、原作が好きなら間違いなくこちらの作品もオススメです。

tag : 女性主人公 逆行 ☆4


ネット小説感想「人理を守れ、エミヤさん!」

人理を守れ、エミヤさん!

<あらすじ>(目次ページより引用)
士郎に憑依した男がセイバールートを駆け抜け、十年後にカルデアにスカウトされちゃったお話だよ!



評価:☆☆☆

あらすじ通り、アーチャーエミヤ風味のオリ主がカルデアに参加するお話。独自設定や半オリジナルサーヴァントも有り。
指示出しだけではなく自らも戦えるマスター&手段をあまり選ばない守護者っぷりで
原作とは全く違ったルートで特異点を修正していくのが見所か。
難点としてはあくまでアーチャーエミヤそのものではなく、原作知識有りで憑依したオリ主ということなので
そういった要素が嫌いな人には向かないことと、いくら鍛えていたとはいえ、
人間がサーヴァントと互角に渡り合っててもいいのかという突っ込み所があることでしょう。
それらの要素を気にしないで流せるなら、真っ当なマスターとはちょっと違ったお話の流れが楽しめると思います。


tag : 原作憑依 オリジナル主人公 独自設定 ☆3


ネット小説感想「カルデア大騒動」

カルデア大騒動

<あらすじ>(目次ページより引用)
この物語は……聖杯をもってしなくても起きてしまうかもしれない、ちょっとした奇跡を描いた物語。
笑い話かもしれないけど、ギャグですませてもいけない物語。


評価:☆☆☆

カルデアで起きた前代未聞の騒動、とある事件とそれに対する周りのサーヴァント達のお話。
詳しく書くとネタバレになるので書けませんが、どうしてそうなったのか、という理由や着眼点が面白い。
基本はギャグながらもテーマがテーマなので根元はだいぶシリアスだったりします。
この問題が直撃するサーヴァントが結構多いから仕方ないのか?
一発ネタの出オチで終わってしまうのか、ちゃんと風呂敷を畳んで終われるのか、更新をチェックしていこうと思います。
あと、FGO本編のネタバレなどもサラッと入ってくるので最低でもキャメロットまでは終わらせてから読むことを推奨。

tag : ☆3


ネット小説感想「オラリオの迷宮」

オラリオの迷宮

<あらすじ>(目次ページより引用)
ブシ子がオラリオへ来たようです。



評価:☆☆☆

世界樹の迷宮シリーズとダンまちと迷宮探索物繋がりでのクロス。
自分でも設定を妄想したり、誰か書かないかな~と思っていただけに見つけてちょっと嬉しいです。
主人公は世界樹シリーズの冒険を一通り経験しているという割と反則気味な性能。
そのため、名前こそブシ子なものの職業はレンジャーという状態ですが、
ストーリーでもその理由が語られてはいますので原作至上主義というわけでもなければあまり気にならないのでは。
どっちも好きなシリーズだけに先が楽しみではあるんですが、ストーリーが落ち着いた所でエタらないかだけが心配。

tag : クロスオーバー オリジナル主人公 ☆3


ネット小説感想「プロジェクト・クローネのプロデューサー」

プロジェクト・クローネのプロデューサー

<あらすじ>(目次ページより引用)
もし、武内Pがプロジェクト・クローネのプロデューサーをやることになったら。



評価:☆☆☆

タイトル通り、武内Pがもしもシンデレラと兼任でクローネのプロデューサーをやることになったら……というお話。
過労死必死な気がするんですが武内Pなら大丈夫……なのか?
テーマにもなっているようにクローネ側のキャラがメインとなっていますが、シンデレラ側のキャラも出ます。
アニメじゃ物足りないんだよ!というcoolメインPの癒しにどうぞ。
自分もなぜかデレステではcoolキャラばかりに縁があるので楽しみにしています。

tag : ☆3


ネット小説感想「このすば*ELONA(仮題)」

このすば*ELONA(仮題)

<あらすじ>(目次ページより引用)
あなたはノースティリスの冒険者だ


評価:☆☆☆☆

タイトル通りこのすばとELONAのクロス。
ノースティリスでも指折りの人外冒険者と化した「あなた」がなぜかこのすば世界に飛ばされ、
とりあえず生活のためにアクセルの街で冒険者として活動していく……というお話。
このすば世界も大概な世界ですが、ノースティリスはそれを上回る素晴らしい世界なので
クロスオーバーの威力がとんでもないです。
ELONAプレイ済みの人ならついつい共感してしまうネタがいっぱいで笑わせてもらいました。
マスコットと化したベルディアさんが不憫かつ反則。
しかし、ELONA側の説明も多少は描写されていますが、あの世界のおかしさは体験しないと分からないことが多いので
両方の原作知識がないと楽しめないと思います。
また、原作でも割と人気なキャラとの恋愛描写的なものがあるので
原作キャラがオリジナル主人公と恋愛関係になるのが許せないという人は注意。
それが許せて両方とも知っているという人ならかなりオススメの作品。

tag : クロスオーバー オリジナル主人公 ☆4


ネット小説感想「ふと思いついたFate/zeroのネタ作品」

ふと思いついたFate/zeroのネタ作品

<あらすじ>(目次ページより引用)
オリ主が金ぴかことギルガメッシュに憑依した
そこから変化する物語です

思いついた事を勢いだけで書いてます


評価:☆☆☆

原作知識持ちの人間がギル召喚時に合わせて憑依。
状況が把握できず咄嗟に逃げ出してしまったため、急遽マスターとして桜を間桐から奪取。
何とか聖杯戦争を生き残るために動き出す……というお話。
思いついたことを勢いだけで書いているという注意書きの割にはストーリーがしっかりしていると思います。
原作知識&慢心なしギルで一方的に無双という場面は少なく、
他の陣営もオリ主が入ってどう変化したのか色々と描写されているので
タイトルから想像するようなオリ主TUEEEは少なめでした。
ただし一部のキャラというか、トッキーがとにかく不憫なことになっています。
また憑依物であり、ギルガメッシュの人格が欠片もなくなって完全にオリ主と化しているので
せっかくの人気キャラであるギルガメッシュが出てこないのは嫌、憑依オリ主に抵抗があるという人には向いていません。

tag : 原作憑依 オリジナル主人公 ☆3

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。