スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット小説感想「あらゆる手段を尽くしてトッププレイヤーになりたい、他人のカネで。そうだ、盗賊しよう。」

あらゆる手段を尽くしてトッププレイヤーになりたい、他人のカネで。そうだ、盗賊しよう。

<あらすじ>(目次ページより引用)
完全没入型VR技術が確立されて数年、しかしそれは一般に普及した訳ではなく、まだまだ研究レベルに留まっていた。
その状況を打開する為にとあるゲーム機器メーカーが世界初のVRMMORPG、クロスストーリーズオンラインを発表する。
それは次世代ゲームの可能性を示すためのコンセプトモデル。
限定100人のテストプレイヤー全員にゲーム実況動画の作成を義務付け、その視聴者数に応じた広告料を払うという。
更にゲームクリアに巨額の賞金を掛け、プレイヤー達にプレイ動画の人気とクリア賞金の両面で競わせるという
一大ゲームイベントを開催した。

そのゲームへの参加権を得た29歳の元商社マン、一之瀬真也は盗賊となり、盗賊らしいやり方で、
時に非情に、時に人と協力して、トッププレイヤーとしてファンとアンチを量産していくこととなる。
金の絡んだ大人達の大人気ないプレイ、ゲームの外で展開される盤外戦や秘密協定、人格を持ったNPC達との交流、
様々な要素が混ざりゲームは進行していく。



評価:☆☆☆

VRMMO物で悪人プレイ、掲示板ネタ有り。
悪人プレイといってもPKはなし、デスゲームでもないので残虐感はなく、常識から外れた悪巧みといった雰囲気で、
あまり黒い方向へ触れすぎていないのも読みやすくていい感じです。
VRMMOということで戦闘シーンなどもありますが、大半が悪巧みしているかその準備に費やしているかといった描写。
動画公開後の掲示板での反応も非常にそれらしくなっているので、掲示板ネタが嫌いでないなら楽しめると思います。
VRMMO物での悪人プレイ、というキーワードに引っかかる人ならオススメ。

スポンサーサイト

tag : 悪人プレイ 陰謀 ☆3


ネット小説感想「狐連れの狼~アラフォー剣豪、異世界道中記~」

狐連れの狼~アラフォー剣豪、異世界道中記~

<あらすじ>(目次ページより引用)
和風伝奇VRMMO『叢雲』。古参プレイヤーにして四十路過ぎの男は、
とあるきっかけでプレイヤーキャラクターの中年剣豪『城島大二郎』として異世界に転移してしまう。
そこは『叢雲』に似た、ファンタジー寄りの江戸日本。彼はたまたま出会った妖狐の娘とともに、
時には食べ歩き、時には人を斬り、時には城を爆破し、蝦夷を目指して旅を続ける。



評価:☆☆☆

VRMMO転移物、主人公最強系。和風世界観のVRMMOで狐変化の美女を狙う追っ手を蹴散らしながらの旅という、
一般的には王道ながらも、なろう界隈ではあまり見ないかもしれない設定です。
似たような題材ではすでに商業なりネットなりで何度も使われているシチュエーションなだけあって、
目新しさはあまりありませんが、このジャンルの雰囲気はきちんと感じられ、王道ながらの面白さがあると思います。
また、地味に食事描写にも力が入っており、夜中に読むのは少し危険かも。

和風の世界観が好きで主人公最強物に抵抗がなければ楽しめるでしょうが、
剣豪という設定ながらも実はあまり真っ当な斬り合いをしていない(今の所は)ので、
時代小説のような濃厚な斬り合いが見たいという期待はあまりしない方が良いです。

tag : ゲーム内転移 主人公最強 ☆3


ネット小説感想「自由(邪)神官、異世界でニワカに布教する」

自由(邪)神官、異世界でニワカに布教する

<あらすじ>(目次ページより引用)
VRMMORPGで自由神の神官戦士をやっていると、いつの間にか異世界に転移させられていた。
ゲームでの魔法は使えるようだが、趣味キャラなので装備もステータスも二流。
とりあえずは、生きる事を目的にし、たまたま拾ったダークエルフと旅をすることに。
そうして、自由神の教えを広めるため、ときに救世主と呼ばれ、ときに邪神教と罵られながらの、布教の旅が始まる。


評価:☆☆☆

VRMMOとほぼ同じ環境の異世界に転移し、ゲームの知識や技能を生かしながら
一神教に否定された異種族たちの所へ旅をしていくお話。
主人公の胡散臭い神官ロールプレイが上手く描写されており、
口先やゲーム内能力を生かして弱い立場にある人達を誑かしていくのがなかなか面白かったです。
あくまで自由神官なので完全に邪神というわけではないのがポイントで、
誑かすといっても邪悪な方面に堕落させるというわけではないので、あまり重過ぎる展開にならないのもいい感じです。
ただ、設定では装備とステータスも二流ということになってはいますが、
それを感じさせない万能キャラになっているような感じがあり、
個人的にはもう少し弱点があってもメリハリがあって良かったのではと思いました。

tag : ゲーム内転移 ☆3


ネット小説紹介「ライブダンジョン!」

ライブダンジョン!

<あらすじ>(目次ページより引用)
ライブダンジョンという古いMMORPG。サービスが終了する前に五台のノートPCを駆使してクリアした京谷努は異世界へ誘われる。
そして異世界でのダンジョン攻略をライブ中継で見た努は絶句した。戦略のせの字も無いゴリ押し。不遇のヒーラー職。
ゲームでは白魔道士を愛用していた努は白魔道士の復権と、異世界脱出の鍵を求めダンジョン制覇を目指す。


評価:☆☆☆

ゲーム内転移物。能力などは特にブーストされていないものの、ゲームの知識を生かすことで
今までになかった戦略を生み出し優位に立ち、自分と周辺の環境改善をしながらダンジョン制覇を目指すお話。
ダンジョン物ではありますが、あまり探索要素はなく戦闘描写がメイン。
戦闘がもろにMMORPGまんまなので、実際にゲームでヒーラーをしていたという人なら
割と簡単に風景が想像できるのではないでしょうか。
自分で戦場をコントロールするという楽しみが分かる人、好きな人にオススメです。
ただしダンジョン物とはなっていますが、上記の通り戦闘がメインなので探索中のハプニングやトラップなど、
通常のダンジョン物のようなイベントはほとんど起きないので、そういった探索要素が好きな人だと
ちょっと肩透かしを食らうかも。

tag : 異世界転移 ダンジョン攻略 ☆3


ネット小説感想「フェアリーテイル・クロニクル」

フェアリーテイル・クロニクル~空気読まない異世界ライフ~

<あらすじ>(目次ページより引用)
ゲームをしていたヘタレ男と美少女は、悪質なバグに引っかかって、
無一文、鞄すらない初期装備の状態でゲームの世界に飛ばされてしまった。

「どうしよう……?」「どないしようか……?」

異世界転移お約束のピンチをどうにか潜り抜け、途方にくれながらもとりあえず目先のことだけはどうにかする二人。

これは女性恐怖症のヘタレ男が、ゲームに酷似しつつもぎりぎりのところで絶対的に違う異世界において、
一杯のカ○ピスを飲むために牛の品種改良からはじめるようなノリで元の世界に帰る手段を探す話である。


評価:☆☆☆☆

VRMMOに転移物、チートというかゲーム内の能力をそのまま使えるタイプのお話。書籍化済。
一応ハーレム要素も少しはありますが、主人公が女性恐怖症なため露骨な描写はなし。
連載開始が2012年ということで、当時SAOやオバロからの流れでなろうで山ほど溢れていたVRMMO転移の中でも
個人的に頭1つ抜けて気に入っている作品。
最近、無事本編が完結し現在はおまけを更新している状況。

この作品のメインというか、チート的な要素としては物づくりSUGEEEに特化している所でしょうか。
主人公たちはゲーム廃人とはいえ、それらが束になってようやく勝てるようなレイドボスがごろごろいるような
MMO準拠の世界観で、生産廃人の面目躍如とばかりにチートアイテムでごり押しするのが特徴。
その物づくりの過程が妙にリアルだったり、ネタがしこまれていたりと独特のノリになっています。
累計ランキングの上位にいるだけあって安定して読める作品だと思います。

tag : ゲーム内転移 VRMMO チート ☆4


ネット小説感想「ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン」

ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン
http://ncode.syosetu.com/n1930bw/

<あらすじ>(目次ページより引用)
VRMMORPG『ゲート・オブ・アミティリシア・オンライン』 五感を刺激するというファンタジー系仮想現実世界に、
リアルにない未知の味を求めて参加した狩野拳児。
目指すはアミティリシアの食材を食べ歩き、土地畑付一戸建てを得ての自給自足生活だったはずなのだが……
マナーの悪いプレイヤーと対立したり、色々なNPCと親しくなったり、上位プレイヤーと懇意になったり、
いつの間にか知名度が上がっていたり、もふもふに懐かれたり。それでも彼の主目的は食べること。
厄介事に巻き込まれながら、時には首を突っ込みながら、今日も彼は新たな味を求めてログインし、獲物に拳を叩き込む。


評価:☆☆☆

VRMMO物で非デスゲーム、ユニークスキルチートハーレムも無し。掲示板ネタ形式有り。
主人公はイベントに顔を出しつつもマイペースに自分の道を突き進んでいきます。
お話自体はVRMMO物で割りとありがちではありますが、主人公含め極端に俺TUEEEしているキャラがいないのと、
変に突飛な展開がないため堅実にまとまっている印象です。
実際にこういうゲームが将来開発されたら面白いだろうなあ、という
VRMMO小説の根っこを上手く押さえているお話。

tag : 非デスゲーム ファンタジー 掲示板形式ネタ ☆3


ネット小説感想「【完結】デスゲームではない【VRMMORPG】」

【完結】デスゲームではない【VRMMORPG】
http://www.mai-net.net/bbs/sst/sst.php?act=dump&cate=all&all=11816&n=0#kiji

<簡単なあらすじ>
主人公は高校入学のお祝いでもらったPCでVRMMOを始めたその日にメンテナンスで障害が発生。
ログアウトできなくなるもののプレイヤー自体には問題がなく、
ゲーム内にプレイヤーのコピーとして残された存在になってしまった。
とは言うものの、実際には普通に生きているのと変わりは無く、何か特別な物に変化した実感も無い。
ログアウトもできず、死んでも町に戻されるというゲームの中で生きていくため、
全くの初心者である主人公も冒険を始めることになるのだった。



評価:☆☆☆

元はArcadiaのチラシ裏から本板に移転された物。
タイトル通りデスゲームではないVRMMO物で完結済み。
割と古めの作品で、なろうでVRMMO物が流行りだす前くらいから連載されていました。
初心者がネトゲを始めてからレベルを上げ、パーティを組んで討伐に行き……という現実でもよくあるような流れが
手堅くまとまっておりサクッと読める作品です。
変なチートや俺TUEEEがない分、実際にネトゲに嵌ったことがある人なら共感できるのではないでしょうか。
元がチラ裏作品のためか、序盤は若干文章が粗いというか、少し読みづらく感じるかもしれませんが
読み進むうちに気にならなくなるとは思います。

tag : 非デスゲーム ファンタジー ☆3


ネット小説感想「デスゲームだけど不死の俺」

デスゲームだけど不死の俺
http://ncode.syosetu.com/n9103ca/

ログインしたらデスゲームでした。周囲のプレイヤー達が喚く中、カルマは死を恐れることなく攻略を開始する。
だって死なないから!
そう、カルマはステ振りと称号の組み合わせにより見事ダメージを受け付けない身体となったのだ!
そんな不死身の彼と、彼を取り巻くギルドメンバーやスライムは、
いつしかゲーム内トップクラスの少数精鋭ギルドとなり攻略の最前線を突き進んで行く。
※カルマは基本ソロプレイです。
※何度も言うけど周囲が命懸けでもまず身の危険はありません。



評価:☆☆

周囲がデスゲームの恐怖に怯えている中、主人公一人がシステムの穴をついた仕様で無敵モードに。
それを生かして攻略を進めていく……というお話。
正直、設定がちょっとありえなさ過ぎて何をやっても茶番にしか見えないのが重大な欠点。
短編ならともかく、長編には向いていない設定かと。
攻撃を喰らっても全く問題がないMMORPGってただの膨大な作業でしかないので、
いくら俺TUEEE物とはいえ、読んでる方も盛り上がらないです。

tag : デスゲーム ☆2

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。