ネット小説感想「野生の電子レンジが襲ってくる世界にきました -天才ハッカーのハッキング無双ライフ-」

野生の電子レンジが襲ってくる世界にきました -天才ハッカーのハッキング無双ライフ-

<あらすじ>(目次ページより引用)
冷凍睡眠200年の刑から目を覚ました天才ハッカー。
彼の目の前に広がるのは慣れ親しんだ美しい都市ではなく、自然と人工物の境界がなくなった異様な世界だった。
ヘビのように這いまわるケーブルが電卓と融合したカエルを追いかけ回し、
緑の葉っぱを茂らせた木々がプラズマライフルを実らせる。
生きた機械におびやかされながらもたくましく生き残る人類、
巨大な機械生物との戦い、遺跡と化したかつての都市群での発掘・・・
ヘタレの天才ハッカーと相棒のメイド型毒舌美女アンドロイドが繰り広げる、荒廃した世界でのゆるゆるハッキングライフ。


評価:☆☆☆☆

ナノマシン技術などの超技術が実用化された未来で、主人公……というよりも主人公が開発したメイド型AIが、
失われた技術となったハッキングでTUEEEするお話。
世界観は魔改造された生物たちが闊歩する荒廃した世界。フォールアウトというよりもメタルマックスなノリです。
こういっためちゃくちゃな世界観が大好物なので、かなり楽しく読むことができました。
主人公が設定上不死身ということもあり、ヒャッハーな世界観ながらもあまりシリアスな展開にはならず、
ライトな感じでサクサク楽しめると思います。
難点としては、登場人物がことごとく話が進むたびに残念な人になっていくことでしょうか。
相棒のメイドAIを始めとして、どんどんダメな感じになっていくのでノリが合わないと厳しいでしょうが、
メタルマックスシリーズの世界観が好きな人にはオススメです。

tag : ☆4


ネット小説感想「英雄《しゅやく》になれない槍使い」

英雄《しゅやく》になれない槍使い

<あらすじ>(目次ページより引用)
西暦二〇三一年、謎の結晶体「CE」の襲撃により、人類は緩やかに滅亡への坂を転がり落ちていた。
これは、聖剣の輝きによって地球を救った、偉大な英雄の物語――ではない。
英雄の陰に埋もれ、歴史の闇を駆け抜けた、一人の槍使いの物語。

よくあるチートハーレム系主人公の物語が、本当は陰謀にまみれていた事を、脇役の視点から真相に迫るようなお話です。
基本的には学園バトル物のノリとなっています。


評価:☆☆☆

少しだけ先の未来日本での異能学園バトル物、完結済。
あらすじにもある通り、俺TUEEE系主人公の裏側に隠されている計画などを横から見ていくのがメインです。
しかし主人公が脇役だからといって凡人ということではなく、主人公サイドでも控えめな俺TUEEEがされているのと、
英雄側にぴったりくっついているというわけでもなく少し距離がある立場なため、
四六時中ヒーロームーヴを見せ付けられるようなお話に比べればストレスは控えめ。
ですが脇役キャラ側も悪いテンプレ気味なキャラで若干掛け合いがお寒いことと、
序盤にある溜めの期間で萎えてしまうことが欠点でしょうか。
戦闘描写などはいい具合にハッタリが聞いてて自分的には好きなんですが、
そこに入るまでに乗り越えるハードルが少し高め。


tag : 近未来日本 学園物 ☆3


ネット小説感想「The video game with no name」

The video game with no name

<あらすじ>(目次ページより引用)
2115年4月!レトロゲームレビューサイト「The video game with no name」開設しました!
このサイトでは筆者である私の好きな数々のレトロゲーム、
特に歴史的に低評価を受けたゲームたちを分かりやすく解説していきたいと思います!
ゲームなら何でも好き!みなさん仲良くしてくださいね!


評価:☆☆☆☆

読んだ時に思わず「この発想はなかった……」と目から鱗が落ちました。
こちらのブログ様の紹介記事から読んだのですが、思いっきりどストライクでした。紹介ありがとうございます。

内容としてはゲームを紹介するブログ、もしくは解説記事、コラムのような構成になっているのですが、
年代が2115年の未来ということで、現在では想像上にしかない技術がばんばん使われたゲームが紹介されています。
また、紹介されるのがクソゲー扱いされたゲームということで失敗した理由も一緒に語られますが、
その理由もまた現在からは思いもよらない理由から「クソゲー」になってしまっている所が面白い。
未来のゲームはこうなっているといいなあ、というゲーマーの夢と浪漫、そしてちょっぴり悲しさが混じった作品。
文章も読みやすく、ジャンルとしてはSFでありながらも難解な用語などはほとんど出てきませんので、
ゲームが好きで開発秘話だとか裏話だとかに浪漫を感じる人には絶対にオススメの作品です。

tag : エッセイ風 ゲーム ☆4


ネット小説感想「勇者のクズ」

勇者のクズ

<あらすじ>(目次ページより引用)
魔王化手術の横行によって、お金持ちのヤクザが「魔王」と化し、彼らを殺す商売が「勇者」として合法化した現代社会。
ビールとピザと、友達とのカードゲームを愛するチンピラ勇者・ヤシロは、三人の勇者志願の女子高生と出会う。
目先の金に目がくらみ、彼女らの家庭教師を引き受けたことから、ろくでもない危険な事件に巻き込まれる。


評価:☆☆☆

あらすじでは「勇者」や「魔王」といった単語が出てきますが、全くファンタジー要素はなし。
ジャンルとしては近未来日本での超能力バトルになると思います。
魔王=賞金首、勇者=賞金稼ぎと読み替えるとイメージが掴みやすいかも。
主人公及び周りの登場人物はほぼアウトローなので、勇者という言葉のイメージからかけ離れたキャラばかり。
やさぐれ気味主人公の超能力バトル、という設定にピンと来る人なら楽しめると思います。
難点としてはヒロイン?の弟子筆頭が、ポンコツを飛び越えて人格障害でもあるんじゃないかという
非常にクセのある性格をしているため、それに慣れるまでは登場する度にイライラしてしまうことでしょうか。
それさえ乗り切ることができれば、独自の世界観を楽しむことができると思います。

tag : 近未来 超能力 ☆3


ネット小説感想「Crawler's」

Crawler's

<あらすじ>(目次ページより引用)
人類同士の争いにより、地球の環境は破壊しつくされ、我らの母星は死の星と化していた。
人類は最後の望みをかけて、ユートピア計画を選択。地球を再生するために行動を開始した。

主人公である永瀬恭一郎は、任務のため汚染世界を飛んでいた。
地球の地磁気を狂わせ、大地をマグマに沈めて浄化させるポールシフト爆弾の起爆が、刻一刻と迫る。
その中彼は環境が再生されるまで、人類が冬眠するために不可欠な、遺伝子補正プログラムを運んでいた。
彼は最終目的地である機動要塞天風に辿り着くが、天風が展開する磁場フィールドと、
ポールシフト爆弾が発する強力な磁場に挟まれ、どこかに飛ばされてしまう。

目覚めるとそこは環境が再生された地球。永瀬は訳が分からず、再生された環境の中を、人を探して彷徨うことになる。
やがて人類の冬眠施設であるドームポリスを見つけるが、そこにいたのは、知識を失くした女たちだった。
彼女たちは謎の異形生命体に脅かされ、死に瀕していた。
永瀬はドームポリスを管理していた人工知能であるアイアンワンドと共に、
異形生命体と戦い、女たちが自立できるように教育を施していく。

果たしてこの世界はどこなのか?
何故このドームポリスには女しかいないのか?
異形生命体の正体とは?
レッド・ドラゴンと呼ばれた兵士の、孤独な戦いが幕を開ける。



評価:☆☆☆

ロボットや人工知能が普通に実用化されている未来から、一気に文明レベルが原始時代まで落ちてしまった状態で、
主人公が未来の知識と遺産を活用して終末後の世界を仲間と共に生き延びようとするお話。
主人公以外の登場人物は女キャラばかりですが、恋愛要素はほとんどなし。
ハーレムなんて甘ったるい言葉は存在しないサバイバル状態です。
最初はただの原始人だった周りのキャラが、主人公の教えで成長し、
それぞれの考えで生き延びるために動き出す様子が、今後の展開を楽しみにさせてくれます。
シリアス、ハード、サバイバルというキーワードにピンとくる人向けではありますが、
序盤の周りがみんな原始人状態で始まる所が、どうしても描写的にイラついてしまう人がいるであろうことと、
色々と散りばめられている伏線をきっちり回収して風呂敷を畳めるのかどうかが難点か。

tag : ロボット 文明崩壊後 ☆3


ネット小説感想「銀河連合日本」

銀河連合日本

<あらすじ>(目次ページより引用)
二〇一云年、日本に異星人の巨大な宇宙船が飛来した。
この未曾有の事態に世界各国は動揺し、それまでの世界秩序を根底から覆す事態に陥ってしまう。
……彼らは極めて友好的であったが、地球世界全体ではなく、「日本」という特定の国家のみと交流を持ちたいと言う。
他の地球国家にはまったく興味がないらしい。更にはその異常なまでに発達した
彼らの科学力を惜しみなく日本に公開、提供する異星人。
地球の各国、特にアメリカ、ロシア、中国、EUは、異星人の日本に対する対応に世界のパワーバランス崩壊を危惧する。

なぜ異星人は、地球の小さな島国である「日本」に固執し、日本にしか興味を示さないのか。
それには遥か昔の日本のある物語と、一人の異星人女性が関係していた……


評価:☆☆☆☆

もうだいぶ旬を過ぎているとは思いますがそんなことは気にしない精神で紹介。
現代日本に突如として高度な科学力を持った異星人が飛来。紆余曲折あってその力を手に入れた日本が
世界どどのように渡り合っていくのか、なぜ異星人は日本にだけ友好的なのか……というお話。
現在、本編は完結し外伝を更新中。どうやら書籍化の話もあるようで、政治ネタとか大丈夫なんでしょうか。
連載当時はかなりの人気で、完結したことで少し落ち着いた感がありますが
まだそれでも外伝の更新を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

基本は上記の通り強大な科学力を手に入れた日本がどうするのか、というのがメインですが
もう1つは異星人さん達の現代日本に対する反応が面白いです。
とある設定により、現代日本の文化が異星人文化に対して劣っているという扱いになっておらず、
日本文化が異星人文化へ逆侵攻をかけるのがちょっと楽しみだったりもしました。
海外の反応ブログとかを読んでいる人なら大体想像つくと思います。

SFにしてはあまり難しい用語なども少なく、メインが現代日本の連載時での世相を反映しているため
どんな状況になっているかが想像しやすく、サクサク読んでいけると思います。
若干、センスが古い……というか、おっさん臭い文章が出てきたりもしますがそこはご愛嬌ということで。
なろうにあるSF物でもオススメの作品です。

tag : 異星人 現代日本


ネット小説感想「リ・ワールドフロンティア~支援術式が得意なんですが~」

リ・ワールドフロンティア~支援術式が得意なんですが~

<あらすじ>(目次ページより引用)
【この「小説家になろう」がアツイ】と【このWeb小説がすごい】にて紹介されました。ありがとうございます!
支援術式(アプリ)が得意な剣士、ラグディスハルトは友達のいないソロの探検者(エクスプローラー)。
どこのパーティーからもミソッカスにされ、今日も一人ぼっちで遺跡・月まで伸びる塔『ルナティック・バベル』へ行こうとしたところ、
とある不思議な少女と出会う。
そこから全てが動き始め――これは、10個以上の術式を同時に操る超絶エンハンサーと、
凄まじい術力を持つ〝現人神〟の少女の物語。
※主人公TUEEEあります。
 Arcadia様でも投稿しております。


評価:☆☆☆

SFとファンタジーを融合させたような世界の中でダンジョンを探索して生計を立てる探索者のお話。
タイトルに支援術式とありますが、後衛ではなくバリバリの前衛剣士が補助として支援術式を使っている感じ。
チートではありませんが、主人公のみの異能があり俺TUEEEしてます。
とはいえ普段は小動物オドオド系、やるときはやるタイプなのであまり嫌味はありません。
世界観がSFなので独自の造語が色々と出てきますが、それほど硬い文章ではないのですんなり読めると思います。
主人公が苦難を乗り越えて覚醒する、といったタイプのお話が好きな人、
ぶっちゃけるとダンまちが好きな人で造語が出てくるのに抵抗がない人ならオススメ。

tag : SFファンタジー ☆3


ネット小説感想「僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)」

僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)
http://ncode.syosetu.com/n9463br/

<あらすじ>(目次ページより引用)
 ***書籍版タイトル「銀河戦記の実弾兵器(アンティーク)」***
 オーバーラップ文庫様より書籍化となりました。第2巻発売中。

地球人、冷凍睡眠目覚めてみれば、そこは未来の銀河帝国。

孤独な宇宙船の中で見つけた謎の装置によって、BISHOPと呼ばれる電脳プログラム技術を身に着けた主人公。
21世紀の常識を持つ彼が、はるか遠い未来世界で様々な騒動を起こしながらも生きて行く。
妙に俗的な人工知能ロボットや、金にがめついメカニック少女。
童貞仲間や賞金稼ぎといったクセのある仲間と共に、目指すは銀河の遥か故郷、太陽系第三惑星は地球。
地球を探すに必要と、とりあえずコープ(会社組織)を立ち上げる主人公。
しかしあれよあれよと成長し、気が付けばそれは巨大企業。大人のおもちゃの運送会社が、銀河を揺るがす大戦争へ。

エロ動画の搬送任務から、採掘、生産、交易。そして大規模艦隊戦までを描く、初心者にもとっつきやすいSFを目指して。



評価:☆☆☆

冷凍睡眠でタイムスリップした現代日本人が時代の違いにとまどいながらも地球発見を目指し、
色々やっているうちに気がつけば成り上がっているというお話。
SFというと小難しいイメージもありますが、あらすじにあるようにライトでとっつきやすいストーリーです。
文章も書籍化されただけあって違和感を覚えるような描写はなし。
未来の技術と現代の知識のギャップを生かして活躍する主人公が面白いです。
一時期更新が止まっていましたが、最近また更新が再開されているので紹介。SF物の入門編としてどうぞ。





tag : タイムスリップ ☆3

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア