ネット小説感想「魔物がうろつく町内にアラフォーおっさんただ独り」

魔物がうろつく町内にアラフォーおっさんただ独り

<あらすじ>(目次ページより引用)
在宅業務で細々と暮らすごく普通のアラフォー男『大下敏樹』は、ある朝目覚めると周りにだれもいないことに気づく。
誰かいないかと車を出したが、いつもは通勤ラッシュでごった返している国道に一台の車も走っていないことを知り、
さらに人を求めて国道を進んだが、町境の先へはどうあっても進めないことが判明。
車を降りて呆然とする敏樹の耳に届く、聞いたことのない喚き声。声の主を見ると、そこにはゴブリンがいた……。

ステータスなし、レベルなし、スキルなし、チートなし。ごく普通のアラフォー男が
自前の身体能力と知恵と勇気と生まれ育った町内という地の利を武器に、
たった独りで異形の魔物と戦うローファンタジー、ここに開幕!!


評価:☆☆☆(中盤あたりまで)~☆☆(終盤)

自分以外は誰もいない現代日本で、なぜか出現するモンスター達と戦いながら、
不思議な世界で生き残り、脱出するために頑張るというお話。
チートなしとあらすじにはありますが、所持金(に値する物)が半分になって生き返る、
無人だけども不思議な力で利用できる各種店舗とネット通販など、充分チート有りだと思います。

自分以外がいなくなってしまった世界とシステムを手探りで少しづつ探索し、
現代日本で手に入る物をDIYで組み合わせてモンスターに対抗するという流れがなかなか面白かったんですが、
中盤以降になると安全地帯からのヒットアンドアウェイという身も蓋もない戦法で大体の戦闘が終わってしまい、
それが通用しない敵についても、他の方法で非常にあっさりと解決しておしまい、という尻すぼみ感がありました。
いやまあ、リアルに考えれば安全な所から一方的に攻撃できるんなら誰でもそうすると思いますが、
それをお話でやられてもあんまり面白くないよね、という例になってしまっています。
終盤になって出てきた残機制を最初から導入しておくなど、もう少しハラハラする展開があっても良かったと思います。

続編というかif編で正真正銘の異世界に同じ主人公がチート有りで転移するお話もありますが、
そちらは典型的なろう小説なので見所はあまり無し。

tag : チート 現代ファンタジー ☆3 ☆2


雑記

かなり今更ですがシャドウバースを2月中旬あたりから始めてみました。
ニコニコにあがってる動画などを見て興味が沸いたので、とりあえず無課金でプレイ。
実はこういった本格的なカードゲームをプレイするのは初めてだったんですが、
これが意外(といってはアレですが)面白くて結構ハマってます。
ただし人にオススメするかって言われたら微妙……。

とりあえずカード資産自体が少ないので、何とか生成できたアルベールを引ければワンチャンあるロイヤルをメインに使ってます。
ランクマッチはまだBランク上がりたてといった所。
また、乏しい蓄えながらも何とか組んだ土ウィッチが個人的には一番カードゲームやってる感があって好きです。
理想にはまだまだ遠いデッキながらも、これでドロシーウィッチをしのいだ時のざまあ感がたまらないですわ。

しかし素人が1ヶ月やっただけでも分かるドロシーとリノセウスのアレっぷりはもう少しどうにかならないものか。
もう気分が荒んでいる時はPP8以降のエルフがフェアリーとリノセウスを並べ出した時点でリタイアしてます。
最近はミニゴブが弱体化されたおかげなのか、あまりエルフ自体を見かけなくなりましたが
もう1つ弱体するべきカードがあると思うんですがねぇ……。

色々とゲームバランス的にはアレなゲームではありますが、文句を言いながらも楽しめているので、
これからもちょくちょく続けていこうと思っています。
ああ、これでまた時間がなくなって積みゲーが増えてゆく……。

ネット小説感想「【連載版】確かに努力しないでちやほやされたいって願ったけども!」

【連載版】確かに努力しないでちやほやされたいって願ったけども!

<あらすじ>(目次ページより引用)
「何も原始人に転生させなくたっていいだろう!? そりゃあ何をしても史上初になるだろうけども!!」
神様の手で、現代から七万年ほど前の原始時代に転生させられた主人公。
服すらまだないこの時代で、彼はそれでも死にたくないとあがき続ける。
神様の目的もわからず、ろくなチートも持たないまま原始時代に放り出された彼の明日はどっちだ!


評価:☆☆☆

いわゆる現代知識で無双するタイプのお話ですが、舞台が原始時代。
現代知識を使おうにもその土台となる基礎知識すらなく、そもそも文化と呼べるものすらない。
生き残るのが精一杯の状況をどのように変えていくのか、というのが見所でしょうか。

何もない所からチマチマと物づくりをして、少しづつ良い環境にしていくような展開が好きな人にオススメ。
自分には知識がないのでこれがリアルな原始生活かと言われるとわかりませんが、
物づくりの楽しさや裸一貫での生活の厳しさというのは多少なりとも伝わってくるのが面白いと思います。

また、あらすじにはチートがないとはありますが、主人公が人間とは違う種族に転生しており、
現代人のひ弱な体で裸一貫からのスタートというわけでもなく、最近の展開ではその他の能力もちらほら見えてきたり。
まだ話があまり進んでおらず、今後に期待している作品です。

tag : 現代知識 原始時代 ☆3


FGO雑記

バレンタインのチョコ集めが忙しい今日この頃、皆様走っておいででしょうか。
自分は何とか自サーヴァントのチョコは全て集め終わり、素材などのために適当に周回しております。
なんかバレンタインという割には女サーヴァントへ渡した時よりも、男サーヴァントへ渡した時の方がリアクション凝ってるような。
欲張って全部回収したせいで、霊基保管室がチョコ保管室と化してしまいました。
いや、礼装の経験値素材にすればいいじゃんという話ではあるんですがやっぱり勿体無いし取って置きたいしということで、
保管枠を増設して大量のチョコを保存しております。
個人的には黒髭とジルリリィの礼装がお気に入り。秘密のコレクションやファンクラブ会報が見たいです。

あと、今回もあった高難度クエストですが、今回初めて噂のマーリンマシュシステムを導入してみました。
うちには自前のマーリンも孔明もいないので、大体他のクエストやる時は孔明をフレンドさんから借りていたのですが、
マーリンのぶっ壊れっぷりが凄いと前から聞いていたので、ちょっと試しに導入。
フレンドさんからスキルマ欠片装備のマーリンを借りてやった所、令呪も温存してクリアに成功。

パーティはマシュ、マーリン、アタッカーとして頼光ママンを採用。
アタッカーを守りきれるか心配でしたが、これが予想外に硬い硬い。
マシュにスキルを使ってもらった後、城を建てて王の話を聞いて、英雄作成でママンの宝具をぶっ放すと
クリティカルスターが溢れて素敵なことに。
宝具で倒す→体力フルで出てきた次の敵をEXチェインで吹き飛ばした時はびっくり。
回復ダウンの妨害もものともせず、敵の攻撃はタイミングさえ間違えなければほとんど通らないし、
NPは王の話や欠片のスターで勝手にたまっていくしで、
スターの暴力とキャメロットの堅牢さを思い知らされる一戦でした……。

やっぱりこういうのを見ると孔明やマーリンなどのサポート系サーヴァントが欲しくなるんですが、
我がカルデアにはあまりサポート系がいなかったり。
せめて自前で孔明くらいは持っておきたいなあ。(育成素材からは目を逸らしつつ

あ、ガチャは呼符と石で30連+単発8回で引き分けといった所でしょうか。
初日に端数を使おうと呼符を8回でタマモキャットとニトクリス。
ジャック+Xオルタの日に20連+単発10回でランサーオルタが引けました。
いや、アルトリアが欲しかったけどこのアルトリアじゃないような、でも下乳上は下乳上で欲しかったしで、
まあ本来の目的ではなかったけれど成果はあった、という結果でした。

ネット小説感想「腐男子先生!!!!!」

腐男子先生!!!!!

<あらすじ>(目次ページより引用)
ごく普通の腐女子と、ごく普通の腐男子が出会った。イベント会場で。
ただひとつ、ごく普通と違ったのは、二人は高校の教え子と教師だったのです。




評価:☆☆☆

腐っている男子、いわゆるボーイズラブが好きな男の人である腐男子の先生と、
自分で同人誌を出している高校生女子との日常物。
設定がそれこそどこの乙女ゲーだよと思わなくもない、BLという単語が頻出する、
文章内でも若者言葉がかなり出るのでくだけた文章が苦手な方は受け付けないであろうことなどと、
かなり人を選ぶ作品ではあるんですが、実際にはそれほどBL要素が強いわけではなく、
上記の点を乗り越えることができれば、オタクあるあるを中心としたギャグが多いので
BLに興味がなくても読めると思います。
個人的には先生のぶれないメンドクサさが面白かったです。

tag : 女性主人公 ☆3

プロフィール

回転田中

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア