ネット小説感想「戦乱の帝国と、我が謀略 ~史上最強の国が出来るまで~」

戦乱の帝国と、我が謀略 ~史上最強の国が出来るまで~

<あらすじ>(目次ページより引用)
目立ちたがりの主人公や、俺TUEEEEを読むのが辛くなってきた人向け。
地球と同じように歴史が積み重なっている異世界で、元日本人が暗躍する話。
人の眼から隠れ、名誉、富、全てに興味を持たず目的の為だけに動き、やがて陰から世の動きに影響を与え始めていく。
主人公は、変化していきます。
三国志を元にして、三国志を知らない人が楽しく読める物珍しい戦記物を目指しています。
読み進めれば読み進める程面白くなる予定。



評価:☆☆

あらすじ通り、徹底的に影に徹する主人公が陰謀で暗躍するお話。
ファンタジー世界とはなっているものの歴史の流れが三国志なので、それを生かした先読みと現代知識で主人公が暗躍します。
どこかで見たことあるような気がしたと思ったら、これ恐らくハーメルンの恋姫無双二次で見たような気がします。
そこからあまりストーリーも変わっていませんし、別にこれ恋姫二次からオリジナルにする必要あったのかな……?という疑問が。
まあ二次創作だと原作キャラにあわせなきゃいけなかったりするのがキツかったのかな。

とりあえず主人公は影で暗躍するとありますが、徹底して隠れるために謙遜を超えた卑屈な態度を取り、
とにかく評価されることを避けようとするため、非常にまだるっこしく感じます。
また、主人公が何を目的として動いているかが全くわからず、感情移入することが難しいです。
陰謀、軍師系の主人公が好きな人でも更に人を選ぶ内容になっています。
さっと読んでみて、主人公が合わないと思ったらそこで即読むのをやめていいと思います。
あらすじには主人公が変化していく……とありますが、現時点(100話越え)していますが、あまり変化が感じられないので
変化に期待して先を読んでもがっかりするでしょう。

tag : 戦記 軍師系 ☆2


FGO雑記

あけましておめでとうございます。
福袋はコアトル姐さん狙いでライダーを引いてオジマン様が出ました。
コアトル姐さんかドレイク船長が欲しかったんですが、物欲センサー仕事しすぎぃ!
まあ☆5には変わらないので頑張って育てましょう。
今は種火クエストが消費1/2ということで、もしゃもしゃ林檎食いながら回ってます。
今まで全く育ててなかったサーヴァントが山のようにいるので、せめてこの時期に何体かはレベルマックスまで育てたいです。

しかし、例の1/1の課金不具合に巻き込まれ、返金対応されるのかが微妙に不安。
何度か問い合わせしましたが、とりあえずテンプレ返信しか帰ってこなくてより一層不安を招くだけでした。
ネットを見る限りでは自分以外にも同じような被害に合っている人がいるということなので、
さすがにこれを無視して石をちゃんと反映したから返金しませーんwwwwとかいうアホな対応はないと信じたい。

ネット小説感想「レイロアの司祭さま~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~」

レイロアの司祭さま~はぐれ司祭のコツコツ冒険譚~

<あらすじ>(目次ページより引用)
迷宮都市レイロアで冒険者の道を選んだノエル。
てっきり僧侶になると思っていたのに上級職の司祭になってしまう。
嘘みたいに成長が遅い司祭。
パーティを組むとみるみる広がるレベルの差。
これでは固定のパーティを組めないと痛感した彼は既存のパーティに一時的に参戦する冒険者、
俗に言う「便利屋」として生きていく。
一度きりのパーティでも、別れがすぐに訪れても、彼にとって冒険は何物にも代えがたいものだった。
今日もノエルはギルドへ赴く。
参戦させてくれるパーティを探して。


評価:☆☆☆

チートや転生などがないオーソドックスなファンタジー。
あらすじ通り、なかなかレベルが上がりにくい職業についた主人公が、レベルの低さゆえの問題に対処しながら
なんとか自活すべく頑張るお話。司祭はレベルが上がりにくいというのはwizという古事記にも書いてあるからしょうがないね。
実際にはそれほど悲惨な展開はなく、低級~中級冒険者の日常といった感じでしょうか。
俺TUEEEによる爽快感はないものの、自分のできることでなんとか難題を解決していくといった感じで
レベルが低いから全く活躍できないということはありません。
余計な要素がなく、主人公最強じゃない王道ファンタジーが読みたい人にオススメ。

tag : ☆3


FGO雑記

遂に最終章が配信、ストーリーに決着がつきましたね。
目玉となるはずだった魔神柱のレイドイベントについては……まあひどい事件だったね。
追悼動画ができるくらいの速さで討伐されたバルバトスさんを始め、
年末どころかクリスマスまで持たなかったというのは逆に面白かったですが。
自分は素材が割と余り気味だったのでそこまで熱心でもなく、
一通り回った後に寝て起きたら3本くらい魔神柱折れてて笑いました。

とまあ愉快な結末になってはしまったものの、ストーリー部分については文句なし。
伏線だった部分も回収されて大団円、ソシャゲとは思えぬくらいのいいEDでした。
ここまで綺麗に終わらせてからの2部はちょっとハードルが上がりそうだし、
あの人がいないのも寂しいなあと思いつつ、どうなるのかが楽しみです。

ガチャについてはあれからバビロニアピックアップ1でアナちゃんを無事獲得。
無償石や連続ログインなどでもらった石&呼符をつぎこんでコアトル姐さんとゴルゴーン様目当てにバビロニア2を回しましたが、
成果はピックアップすり抜けのばらきーとアタランテ。いや、ばらきーとかもありがたいし、
ライダーはもうサンタオルタや騎ん時がいるので足りているっちゃ足りているんですが、
自分もムーチョムーチョしたいんです……。
現在、無償石が23個と微妙な数があるので、林檎を食いまくってレベルを上げ、
強化クエストでかき集めてワンチャン狙うべきか悩み所です。
マーリン?どうせ来ないからいいや。

ネット小説感想「淡海乃海 水面が揺れる時」

淡海乃海 水面が揺れる時

<あらすじ>(目次ページより引用)
戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。名前は竹若丸。
そして二歳で父を失う。その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく出来るのか?



評価:☆☆☆

戦国転生物。そこそこ厳しいスタートながらも前世知識で成り上がっていくお話。
生まれはマイナー気味の朽木家で、主人公の暗躍により大きく歴史が変わっています。
戦国の主役である織田家や武田家などの登場は遅く、三好家や六角家などの勢力争いがメイン。
あまり知られていないであろう武将がメインなこと、登場人物の呼び方が役職だったり仮名(けみょう)で呼んでいたりするので、
戦国知識が全くない人が読むと誰が誰を呼んでいるのか分かりにくく、中級者向けかも。
また、作品自体の書き方がいわゆるside使い(実際にside~と書いてあるわけではありませんが)で
ぶっちゃけ暁の銀英伝二次で有名なあの作品まんまですので、その点でも読む人を選ぶと思います。

tag : 戦国時代転生 成り上がり ☆3

プロフィール

Author:回転田中
生活のメインがゲームの暇人。
アクション系が主食ですが、面白ければ何でもありの雑食。
ネットでのss、二次創作などを見るのも好きです。

最新記事
カテゴリ
PS4 (4)
PSP (4)
SF (8)
検索フォーム
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
個人的オススメゲームストア